情報ナビ「たいむ」

2016年12月アーカイブ

ことばの部屋(66) 鳥 尾の垂れ下がった姿

 デパートの文房具売り場に行ったら、さまざまな鳥の絵入りの年賀状があった。来年は、とり年だ。とり年の「とり」は漢字で「酉」だが、これは口のすぼまった酒つぼを表す象形文字で、鳥とは関係ない。そもそも、十二支は、庶民が暦を覚えやすいようにと、動物を当ては...[記事全文

カテゴリー:ことばの部屋

ことばの部屋(65) 柿 実の色「アカキ」から

 ある山あいの村を通ったとき、たくさんの実をつけた柿の木を見かけた。秋の風物詩が今ごろ見られるのも、寒冷地だからであろう。子どものころ、柿の木が実をつけ始めると、早く大きくならないかなあ、と毎日見ていた。柿を取るときには、竹の先をなたでV字形に切った...[記事全文

カテゴリー:ことばの部屋

1