福島ユナイテッドFC

  • Check

全国地域リーグ決勝大会 1次ラウンド 福島U一丸の勝利 決勝R進出決定 JFL昇格誓う

 日本フットボールリーグ(JFL)昇格への階段をまた一段上がった。十八日、第三十六回全国地域サッカーリーグ決勝大会一次ラウンド最終戦に1−0で勝利した福島ユナイテッドFCは、三度目の挑戦で初の決勝ラウンド進出を勝ち取った。三十日から長崎市で始まる決勝ラウンドでのJFL昇格達成をサポーターに誓った。(23面に関連記事)
 試合終了を告げるホイッスルが郡山市の郡山西部サッカー場に響き渡ると、約八百人の観客から拍手が湧き起こった。

 崖っぷちだった。ユナイテッドは初めて初戦で白星を飾り、好発進したかに見えた。時崎悠監督(33)が「山場」とした二戦目は先制しながらも引き分け、PK戦で敗れた。グループ首位通過のためには「勝利」しかなかった。最終戦は時崎塁選手(30)が後半に挙げた1点を、イレブンが死に物狂いで守り切った。

 東北社会人サッカーリーグ一部での逆転優勝、今大会の予選突破でチームは勢いづく。決勝ラウンドの三試合に全てが懸かる。時崎監督は「子どもたちに夢を与え、福島の元気を全国に発信するため、JFL昇格を果たす」と気を引き締めた。

 国見町から応援に駆け付けた農業佐久間克則さん(47)、好美さん(50)夫婦は「決勝ラウンドも突破し、JFL昇格を果たして」と感激の涙を流した。会場で観戦した県サッカー協会の桜岡祐一会長(69)は「県全体に元気を与えてくれる。ぜひ勝ち上がってほしい」と期待を込めた。

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社