福島ユナイテッドFC

  • Check

全国地域リーグ決勝大会 決勝ラウンド 福島U、北海道にPK戦勝ち

福島ユナイテッドFC 0(0―0)0 ノルブリッツ北海道
            (0―0)
 (PK8−7)
(2)      (1)

 【評】ユナイテッドは北海道を攻撃で圧倒し、序盤からゴールに襲い掛かった。前半4分、ゴール前の混戦からFW久野純弥が体で押し込んだが、ハンドを取られゴールは認められなかった。その後も守備的な相手にMFの鴨志田誉、小野雄平が中盤でボールをキープし、DFの大原卓丈(福島東高卒)や金基洙らのクロスにFW小林康剛がヘディングで合わせるなど、何度も好機を演出した。シュート数は相手の5本に対し12本と上回ったが、ゴールは割れなかった。後半17分、DF金広閔がカウンター攻撃で抜け出した北海道の選手を倒し、2枚目のイエローカードで退場した。10人になってもユナイテッドは攻め続けた。時折、北海道の鋭いカウンター攻撃に脅かされたが、DF清水純らの体を張った守りで、スコアレスのままPK戦に突入した。PK戦は8人目でGK内藤友康が阻んだ。途中出場のFW時崎塁(福島東高卒)が決めて勝利した。


■けがから復帰果敢に攻める 久野

 ○...けがのため1次ラウンドは出場できなかったFW久野純弥(24)は左サイドから果敢に攻撃参加した。チームが得点できなかったこともあり、プレーには納得していない。「明日はドリブルで中に切り込み、多くのチャンスをつくりたい。得点につながる仕事をする」と誓った。


■退場の金広閔「判断ミス」

 ○...後半に2度目の警告を受けて退場処分となったDF金広閔(26)は「自分の判断ミスだった」と悔やんだ。チームはPK戦で勝利したが、1日の第2戦は出場停止で試合に出られない。「3戦目は勝利に貢献するプレーを見せたい」とこぶしを握り締めた。

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社