福島ユナイテッドFC

  • Check

2選手とサッカー交流 いわき渡辺小パス交換やゲーム 交通安全“夢”授業

 サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)の昇格を決めている福島ユナイテッドFCを迎えたサッカー教室は15日、いわき市の渡辺小体育館で開かれた。選手と児童はサッカーを通して楽しい時間を過ごした。

 JA共催連福島の交通事故撲滅キャンペーン「交通安全“夢”授業」の一環。同チームのDF金基洙選手とMF小野雄平選手が訪問し、全校児童84人と交流した。

 準備運動を兼ねてサッカーボールを使いながら運動をした後、複数のボールを使いゲーム形式でサッカーを楽しんだ。順番に両選手とパス交換をしたほか、リフティング披露もあった。質問コーナーでは、児童が「強豪チームと戦う時は、何を考えていますか」「サッカーでどんな国に行きましたか」と問い掛けた。

 教室に先立ち、いわき東署の小幡尚一交通課長がDVDを使いながら交通安全について指導した。児童は自転車に乗る際の注意事項などを再確認していた。

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社