福島ユナイテッドFC

  • Check

温泉街挙げて福島Uを支援 朝食提供や選手雇用も 福島・飯坂

 日本フットボールリーグ(JFL)の福島ユナイテッドFCを温泉街全体で支援する計画を進めてきた福島市の飯坂温泉観光協会と同温泉旅館協同組合は2日、同市飯坂町の旧堀切邸で支援策「いいザッカー(いいざか)!サッカーツーリズム」の記者会見を開いた。

 支援策は、長丁場のリーグ戦を戦う選手の栄養に配慮した朝食の提供に2件の旅館が決定したほか、14の飲食店が大盛りの無料サービスや割引を行う。選手やスタッフの入浴でも10旅館が無料や割引などのサービスをする。会員事業所の旅館での清掃や布団の上げ下ろしなど選手雇用も盛り込まれている。

 またチームスタッフが温泉宿泊客にストレッチなどのトレーニングを指導するプランも検討している。旅行代理店と連携し年度内にモニターツアーを行い商品化を目指す。

 会見には畠隆章同温泉観光協会長、クラブを運営するACユナイテッドの鈴木勇人社長、時崎悠監督らが出席した。時崎監督は「温かい支援に感謝している。勝つことで福島に元気を与え、地域に恩返しがしたい」と語った。

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社