福島ユナイテッドFC

  • Check

JFL(26日) 終了間際、悪夢のクロス 福島U 無念の惜敗

【福島U-秋田】ホーム戦の連敗に肩を落とす福島Uイレブン

 日本フットボールリーグ(JFL)は26日、各地で第13節7試合を行った。福島ユナイテッドFCは福島市の信夫ケ丘競技場でブラウブリッツ秋田(秋田)と対戦し、2−3で敗れた。対戦成績は5勝6敗2分け(勝ち点17)となり、順位を10位から11位に落とした。

 カマタマーレ讃岐(香川)が10勝1敗2分け(勝ち点32)で首位に立っている。

 福島Uの第14節の試合は6月2日午後1時から高松市の香川県営サッカー場で行われ、カマタマーレ讃岐と対戦する。


 【評】点の奪い合いとなった東北勢対決は、福島Uが終了間際に決勝点を決められ惜敗した。福島Uは前半12分、右サイドからのクロスをFW小林が頭で合わせ先制するも、秋田が20、23分に立て続けに得点し、逆転を許した。後半25分にFW内山が点を挙げて追い付くも、後半ロスタイムに左からのクロスボールを決められた。福島Uは信夫ケ丘競技場で5連敗となった。


ブラウブリッツ秋田 3(2―1)2 福島ユナイテッド
           (1―1)
  (23)              (17)
▽得点者【福】小林(前12分)内山(後25分)
    【秋】熊林(前20分)半田(前23分)菅原(後46分)
▽観衆 990人

■今季初先発で同点シュート FW内山
 ○...FW内山俊彦(尚志高卒)は今季初先発で、チーム最多となるシュート4本を放った。前線に出て仕掛けるサッカーを常にイメージし、後半25分に同点の右足シュートを放った。だが結果的に勝利にはつながらなかった。「勝たなければ意味がない」と反省し、「次も先発で出場し、点を取りたい」と誓った。


■巻き返し誓う FW小林
 ○...先制点を決めたFW小林康剛は終了間際の失点による敗戦を「勝ち点3を取りにいった結果。仕方ない」と振り返った。自身はここ3試合で2得点と好調だが「前半にもっと点が取れればよかった」と唇をかんだ。ホーム戦での連敗について「次節の首位、讃岐に勝って悪い流れを変える」と巻き返しを誓った。

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社