福島ユナイテッドFC

  • Check

福島U ライセンス決定 来春発足J3 ホームは「あづま」

 Jリーグは15日、東京都内で理事会を開き、来季発足するJ3への参加資格となるJ3ライセンスの審査で、日本フットボールリーグ(JFL)の福島ユナイテッドFCに新たにライセンスを交付することを決めた。福島UはJ3スタジアムの審査にも合格し、福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)がホームスタジアムに決まった。

 理事会では、福島Uの他、JFLのYSCC(神奈川)、藤枝MYFC(静岡)、FC琉球(沖縄)へのライセンス交付を決めた。地域リーグのグルージャ盛岡、アスルクラロ沼津(静岡)、レノファ山口の3クラブは決定を1カ月遅らせて、11月の理事会に諮ることを決めた。来季の収入見通しの精査が必要と判断した。地域リーグのヴァンラーレ八戸(青森)、tonan前橋、奈良クラブは本拠地がJ3開催スタジアムに認定されず、来季の参加は不可能となった。

 J3の入会審査はJFLの10クラブが11月に完了し、地域リーグ勢は12月に終わる予定。J3は若手選抜チームを含む12チームで始める。

■「努力続ける」 福島Uの鈴木社長
 現実味を帯びてきたJ3参加に向け、福島Uを運営するAC福島ユナイテッドの鈴木勇人社長は「県内初のJリーグ誕生に向けて地域の皆さんとともに、より一層の努力を続けていく。今後も支援と声援をお願いしたい」とコメントした。

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社