福島ユナイテッドFC

  • Check

福島U、J3デビュー 新リーグ開幕 復興盛り上げ期待 長野に善戦0-1

【福島ユナイテッドFC-AC長野パルセイロ】後半終了間際、福島U・久野選手がシュートを放つ

  サッカーのJリーグがJ1、J2の下部に新設したJ3が9日、開幕した。本県初のJリーグチームとして被災地から参戦する福島ユナイテッドFC(福島U)は東京都北区の味の素フィールド西が丘で、AC長野パルセイロと対戦し、0-1と惜敗した。デビュー戦を勝利で飾れなかったが、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から3年を迎えるのを前に、復興に向かう県民を元気づけようと心を1つに戦い抜いた。
 長野は昨季の日本フットボールリーグ(JFL)王者。開幕戦の緊張で動きの硬かった福島Uは前半17分、長野に一瞬の隙を突かれ、先制点を許した。鍛え上げたパスワークで徐々にペースを取り戻したが、前半はシュート1本で終わり、長野に終始主導権を握られた。
 しかし、後半は今季加入した若い力を中心に福島Uらしい攻撃を見せた。1日に富岡高の卒業式を終えたばかりのMF安東輝(あきら)選手(18)らが攻撃のリズムをつくると、サイド攻撃を中心に敵陣深くまで攻め込んだ。
 後半7分にコーナーキックからDF時崎塁選手(31)がヘディングシュート、後半終了間際にはFW久野純弥選手(25)が左足でミドルシュートを放ったが、初得点はならなかった。栗原圭介監督(40)は「1年を通し、試合ができることに感謝の気持ちを持って戦いたい」と語った。
 試合に先立ち、両チームの選手がピッチの中央に円をつくり、震災の犠牲者に黙とうをささげた。

■16日ホーム開幕戦 盛岡と対戦
 第二節は16日午後2時から福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で行われるホーム開幕戦で、グルージャ盛岡と対戦する。

■福島民報社など戦いを後押し
 福島Uの今季のユニホームは、胸に「アイレ」、背中に「東邦銀行」、パンツに「福島トヨタ」、左袖には「福島民報社」のロゴが入る。福島民報社など各スポンサー企業は、県民を元気づける福島Uの戦いを後押しする。


 

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社