福島ユナイテッドFC

  • Check

福島U病院訪れ患者激励 福医大選手や観客に対処 業務提携結ぶ

業務提携を結んだ(右から)藤島事務局長、菊地理事長兼学長、鈴木社長、棟方副学長
 サッカーJ3の福島ユナイテッドFC(福島U)と福島医大は12日、業務提携を結んだ。福島医大は福島Uの県内外の公式戦全試合に医師を派遣し、選手の試合中のけがなどに対応する。福島Uの選手は同大付属病院を定期的に訪れ、小児患者らを励ます。
 締結式は福島市の同大で行われた。協定ではこのほか、福島Uのホーム戦に別の医師と看護師を派遣し、観客の体調不良などに備える。同大はこれまでも、福島Uの前身クラブが結成された平成14年から積極的に医師を派遣してきたが、今回、福島UのJ3参入を機に協定を結んだ。
 締結式では、福島Uを運営するAC福島ユナイテッドの鈴木勇人社長と菊地臣一同大理事長兼学長が協定書に署名した。鈴木社長は「アスリートにけがは付き物。医師の派遣で選手も安心してプレーできる」と述べ、菊地理事長兼学長は「大学を挙げて福島Uを後押ししていく」と誓った。同大の棟方充副学長、藤島初男事務局長が同席した。

カテゴリー:ニュース

「ニュース」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社