福島ユナイテッドFC

  • Check

福島U歓喜の2勝目 攻めて圧倒 覚醒 イレブン

【福島ユナイテッドFC―FC琉球】後半33分、福島UのFW小林選手(左)が勝ち越しのゴールを決め、アシストしたFW久野選手とハイタッチを交わす

  沖縄県で4日に行われたサッカーJ3で2勝目を挙げた福島ユナイテッドFC(福島U)は、得点力不足に苦しんでいた攻撃陣の集中したプレーが光った。負傷者を多く抱え、万全のチーム状態ではなかったが、一丸で戦い抜き貴重な勝ち点3。チームに勢いをつける逆転勝ちに、選手らは次節でのホーム戦初勝利を誓った。
 本県から遠く離れた南国の地で、リーグ最低の9試合4得点と不振にあえいでいた福島Uの攻撃陣が覚醒した。開始早々に1点を先行される厳しい展開だったが、前半終了間際にMF安東輝選手(18)が同点に。後半は一方的に攻め続け、33分、豊富な運動量で何度も好機を演出していたFW久野純弥選手(25)からのクロスを、FW小林康剛選手(33)が合わせ勝ち越しに成功。ロスタイムにも安東選手が追加点を挙げ勝負を決めた。
 チーム最年少の安東選手と最年長の小林選手が引き寄せた快勝。栗原圭介監督(40)から「前線でプレスをかけ続け、他の選手を奮い立たせてくれた」とたたえられた小林選手は「ふがいない結果に責任を感じていた。これからの試合の弾みになる1点にしたい」と活躍を誓った。
 前節で守備の要であるGK岡田大選手(29)とDF時崎塁選手(31)が負傷するなど厳しいチーム状態だが、3得点という大きな収穫を得た選手。主将のFW石堂和人選手(32)は、次節の首位町田ゼルビア戦に向け「この結果を自信にして、次こそホームでサポーターと喜びを分かち合いたい」と気合を入れた。

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社