福島ユナイテッドFC

  • Check

福島U初の3連勝 今季加入橋本決めた

【福島ユナイテッドFC-ブラウブリッツ秋田】前半43分、福島UのMF橋本(左)が先制点となるミドルシュートを放つ  

 サッカーJ3の第15節は8日、各地で6試合を行った。12チーム中7位の福島ユナイテッドFC(福島U)は秋田市八橋運動公園球技場で8位のブラウブリッツ秋田(秋田)と対戦し1-0で勝利した。今季初の3連勝を飾り、勝ち点を20に伸ばした。福島Uは15試合を終えて6勝2分け7敗で順位は7位のまま。次節は15日午後3時から、福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で首位のFC町田ゼルビア(東京)と対戦する。

秋田球(福島1勝1分け)
秋 田0 0-1  1福島U
     0-0 
勝ち点17      勝ち点20
▽得点者
【福】橋本(前43分)
観衆1,443人

 【評】福島Uが秋田に競り勝った。福島Uは前半、速いボール回しで攻め込んでくる秋田に対し、パスカットから速攻を繰り出すが決定機をつくれない。こう着状態が続いたが、43分にMF橋本拓門が豪快なミドルシュートをたたき込み先制した。後半は同点ゴールを狙う秋田の猛攻が続いたが、福島Uは体を張った守備ではね返した。1点を守り切った福島Uがアウェーで貴重な勝ち点3を獲得した。

■猛攻に耐えて2戦連続零封 GK植村

 ○...安定した守備で2試合連続の零封に貢献したGK植村慶は「体力的にも精神的にもしんどい試合だった」と振り返った。1-0で折り返した後半、秋田の猛攻に耐え抜いた。守備陣は競り合いに負けず決定機をつくらせなかったが「もっと自分たちがボールを支配する時間を長くしないと勝利は続かない」と気を引き締めた。

■DF鴨志田攻守に活躍

 ○...DF鴨志田誉はサイドバックとしてフル出場し、持ち前の運動量で攻守に活躍した。先制ゴールは左サイドを駆け上がった鴨志田の攻撃参加が起点となった。「好機を生かし、しっかり点を取って勝ったことでチームのムードも盛り上がる」と充実感を漂わせた。

■豪快ミドルで初得点 居残りで精度磨く

 東北勢同士の一戦。序盤は互いに攻め手を欠いた。前半終了間際、均衡を破ったのは福島Uに今季新加入したMF橋本拓門だった。
 前半43分、左サイドを攻め上がったDF鴨志田誉から、敵ゴールから20メートル以上離れた位置で球を受けた。秋田の守備陣が「引き気味」と判断し、迷わず右足で蹴った。球はゴールネットを揺らした。J3初得点を挙げ、喜びを爆発させた。
 「結果を残したかった」。練習が終わった後に残り、ミドルシュートの精度を磨いてきた。試合後、秋田に駆け付けたサポーターから大きな声でたたえられた。
 栗原圭介監督は「プレーの質が確実に向上してきている」とミドルシュートを決め、攻撃の選択肢が増えたことに自信をのぞかせた。
 次節は4連勝を懸け首位の町田戦。橋本は「厳しい試合になると思うが、しっかり勝ちたい」と闘志をかき立てた。  

 

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社