福島ユナイテッドFC

  • Check

「復興特別大使」委嘱 福島民報スペシャルマッチ

高橋社長から「ふくしま復興特別大使」の委嘱状を受け、握手を交わす福島Uの鈴木代表(右)

  「福島民報スペシャルマッチ」として行われた福島ユナイテッドFC(福島U)ホーム戦で、選手やスタッフ40人が福島民報社の「ふくしま復興特別大使」に任命された。選手らは東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興の思いを胸にJ3の舞台で活躍し、県民を後押しすることを誓った。
 スペシャルマッチ開始に先立ち、福島民報社の高橋雅行社長は「大勢の方々にスタンドを埋めていただき感謝している。福島ユナイテッドFCが今回を節目にさらに勝ち上がり、喜びのシーズン終了を迎えることを期待する」とあいさつした。復興支援試合について「J-LEGENDとMIFAの皆さんに素晴らしいプレーを見せていただいた」と感謝した。
 引き続き、復興特別大使の委嘱状交付式が行われ、高橋社長が福島Uの鈴木勇人代表(42)に委嘱状を手渡し、記念品の起き上がり小法師(こぼし)を贈った。
 試合後、鈴木代表は「われわれの役割は福島を元気にし、それを発信すること。大使として試合以外にも観光PRや避難者を敵地での試合に招くなど、本県と県外をつなぐ目的がある」と意欲を見せた。今季最多の観客となったSC相模原戦について「初めて福島Uの試合を見た人も多いはず。今後もファンを増やし、一体となり復興を目指したい」と語った。
 福島Uの選手やスタッフに対する復興特別大使の委嘱は昨年に続き2回目。

■ふくしま復興特別大使(名前の後の数字は年齢、かっこは出身都道府県、敬称略)
 ▽監督=栗原圭介41(東京)▽コーチ=江沢慶35(東京)根本翔25(宮城)▽選手=岡田大29(千葉)植村慶32(神奈川)内藤友康27(同)岡田亮太25(東京)野田明弘25(長崎)清水純29(埼玉)大原卓丈27(福島)村岡拓哉24(神奈川)杉山琢也31(福島)杉野健斗22(岐阜)小峯拓也25(福島)堀米悠斗19(北海道)鴨志田誉29(神奈川)石堂和人32(埼玉)金功青27(兵庫)益子義浩27(東京)柴原誠22(静岡)猪狩佑貴26(神奈川)山口優樹25(同)安東輝19(大分)橋本拓門23(千葉)内山俊彦25(同)時崎塁31(福島)小林康剛34(茨城)久野純弥25(静岡)河野諒祐19(神奈川)田村翔太19(愛知)新裕太朗24(埼玉)金弘淵24(愛知)▽トレーナー=山口俊輝22(神奈川)安達大樹23(福島)▽代表=鈴木勇人42(福島)▽AC福島ユナイテッド運営委員=井上敦史37(埼玉)▽同常務=鈴木暁夫51(福島)▽同GM=竹鼻快37(宮城)▽アシスタントGM=山田正道33(京都)▽同広報=中村英里奈26(宮城)

カテゴリー:ニュース

「ニュース」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社