福島ユナイテッドFC

  • Check

観客今季最多劣勢から同点 「気持ち伝わった」

会場を埋めた大勢のサッカーファン

  福島民報スペシャルマッチでは、福島Uの選手入場に合わせ、スタンドを埋めた今季最多の観客が福島民報の福島U特集紙面を一斉に掲げ、選手を鼓舞した。劣勢から2-2の同点に追い付く白熱した試合展開に大きな歓声に包まれた。
 須賀川市の会社員渡辺貴さん(30)は「観客が多く、盛り上がった。ユナイテッドの選手は力強い応援に後押しされて同点に追い付いたのではないか。次の試合もこの調子で頑張ってほしい」と期待した。福島市の会社員片平文徳さん(41)は「同点にした場面では、観客の気持ちが選手やボールに伝わったようだった。次は絶対に勝ってほしい」と語った。
 福島民報スペシャルマッチに先立ち行われた復興支援試合「MIFA&J-LEGEND FC対県高校生混合チーム」には、観客が炎天下の中で開門前から長蛇の列をつくり、予定より15分早く開門された。試合が始まると、観客は憧れの選手や人気ミュージシャンがピッチ上で躍動する姿に酔いしれた。
 福島市の会社員横江貴之さん(39)は「これほどの選手が集まる試合はなかなか見られない」と興奮した様子。「県内外から多くの人が観戦に訪れることが風評の払拭(ふっしょく)につながれば」と願った。田村市から訪れた主婦箭内啓子さん(31)は「原発事故で子どもと県外に避難する知人が多く悩んだ時期もあったが、今日はとても励まされた」と笑顔を浮かべた。

カテゴリー:ニュース

「ニュース」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社