福島ユナイテッドFC

  • Check

「福島Uりんご」生育確認 風評払拭、全国発売へ 4選手が葉摘み

葉摘み作業をした(左から)杉野、安東、橋本、堀米の各選手

  サッカーJ3の福島ユナイテッドFC(福島U)の選手4人は19日、石川町の大野農園を訪れ、同農園と協力して育てている「福島ユナイテッドFCのりんご」の葉摘み作業を行った。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の風評払拭(ふっしょく)のために全国に販売するリンゴの生育状況を確かめた。
 訪れたのは安東輝選手(19)、堀米悠斗選手(20)、杉野健斗選手(22)、橋本拓門選手(23)。竹鼻快ゼネラルマネジャー(38)が同行した。
 同農園のオーナー制度を活用して3本の木で「ふじ」を育てている。4人は赤く色づいた実に日の光を当てるため実の周囲の葉を摘んだ。同農園の大野栄峰(よしたか)社長(31)らと一緒に作業し、大きく、甘く育つよう願いを込めた。
 安東選手は「初めての経験で楽しかった。Jリーグで活躍し、福島県の特産品のリンゴを全国に届けられるようにしたい」と話した。
 リンゴは糖度が高まるまで待ち、11月中旬に収穫できるという。収穫した約750個を全国に予約販売する。11月からホームページで予約を受け付ける予定だという。

カテゴリー:ニュース

「ニュース」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社