福島ユナイテッドFC

  • Check

福島Uが初練習 J3の2年目シーズン始動 茂木選手が強烈シュート

福島Uの今季初練習で軽快な動きを見せた新加入の茂木選手(中央)=15日午後、福島市・十六沼公園
 サッカーJ3の福島ユナイテッドFC(福島U)は15日、福島市の十六沼公園で今年の初練習を行い、J3二年目のシーズンを始動させた。新加入選手を含む19選手が参加し、熱のこもった練習を3時間近く繰り広げた。 
 練習の初めに福島Uを運営するAC福島ユナイテッドの鈴木勇人社長(42)が「昨年、結果が出なかった悔しさを糧にトップを目指そう」と激励した。厳しい冷え込みの中、選手は体幹を鍛えるトレーニングや円形でのボール回しなどで汗を流した。 
 J1神戸から加入した茂木弘人選手(30)=福島市出身、聖光学院高卒=は強烈なシュートを放つなど、力の片りんを見せた。「楽しかった。まずは体をしっかりつくり、チームの戦術を理解したい」と話した。栗原圭介監督(41)は茂木選手について「あのシュートの振りの速さは日本人ではなかなかできない」と前線での起用を示唆した。 
 その他の新加入選手も軽快な動きを見せた。同じJ3の鳥取から移籍したDF戸川健太選手(33)は「経験を伝えて若い選手を成長させることも自分の役目」と意気込んだ。J1湘南から期限付きで移籍したDF福岡将太(19)、MF前田尚輝(18)両選手は「緊張したが先輩がフレンドリーに接してくれた」と声をそろえた。 
 昨季主将の石堂和人選手(32)は「優勝を目指し、勝利に貪欲になりたい」と昨季の7位からの躍進を誓った。 

■ベスト5、さらに上を 栗原監督目標語る
 栗原監督は練習終了後、報道陣の取材に今季の方針や目標などを語った。 
 -練習初日の印象は。 
 「周りをうかがいながらの動きだったが、声を掛けながら雰囲気よくできた」 
 -どのようなチームをつくるか。 
 「昨年積み上げたものをレベルアップさせたい。それができる選手が集まった」 
 -茂木選手の加入は大きい。 
 「地元出身であり、J1での経験も豊富で、とても期待している。言葉よりもプレーで、個々のレベルアップを導いてほしい。全ての新加入選手が、福島の力になると信じている」 
 -今季の目標は。 
 「まずはベスト5。さらに上を目指したい」

カテゴリー:ニュース

「ニュース」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社