福島ユナイテッドFC

  • Check

湘南と試合1-1 栗原監督「及第点」 茂木選手先制の起点に

【福島ユナイテッドFC-湘南ベルマーレ】前半、相手のボールを奪いに行く茂木選手(7)
 福島Uは今季からJ1で戦う湘南と1-1で引き分け、3月15日に開幕するリーグ戦へ自信を深めた。
 昨季主に採用した4-2-3-1の陣形を中心に戦った。前半4分、右サイドのFW石堂和人選手(32)のクロスを、相手DFの背後に抜け出したFW金弘淵選手(24)が高い位置のヘディングで合わせて先制した。後半は湘南の攻撃に押され、後半33分に失点。それでも粘り強い守りで逆転を許さず、堂々と戦い抜いた。
 栗原圭介監督(41)は「いい形で試合に入り、我慢強く守れたので前向きに考えられる試合」と評価した。キャプテンマークを腕に巻いた石堂選手は「運動量を意識して臨めば、J1相手でもボールを保持できる」と好感触を強調した。
 2日から平塚市で始まるキャンプに向け、先制点の起点となった茂木弘人選手(30)は「周りとの連係を意識しながら戦術を深めたい」と意欲を語り、金選手は「個人のレベルアップがチームの成長につながる」と強い覚悟を示した。
 福島Uのキャンプは14日まで。本県に一度戻った後、静岡県で2次キャンプを行い、3月15日に福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で行われる藤枝MYFCとの開幕戦に照準を合わせる。


カテゴリー:ニュース

「ニュース」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社