福島ユナイテッドFC

  • Check

福島1‐0YS横浜 福島U連勝6位浮上 後半40分土壇場でPK金弘淵決めた

【福島ユナイテッドFC―YSCC横浜】後半40分に決勝のPKを決めるなど勝利に貢献した福島UのFW金弘淵(左)(c)Y.S.C.C.
 明治安田生命サッカーJ3は31日、各地で第14節の6試合を行った。福島ユナイテッドFC(福島U)は横浜市のニッパツ三ツ沢球技場でYSCC横浜(神奈川)と対戦し、1-0で勝利した。連勝で勝ち点を18とし、順位は前節までの13チーム中9位から6位に浮上した。福島Uの次戦は7日午後1時から福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で10位のグルージャ盛岡(岩手)と対戦する。

ニッパ(福島U2勝)
Y横浜 0(0―0)1 福島U
     (0―1)
2勝3分      5勝3分
け8敗       け5敗
(9)         (18)

▽得点者【福】金弘淵(後40分)
▽観衆 871人

 【評】福島Uは終盤の決勝点で勝ち点3をつかんだ。立ち上がりこそ横浜に攻め込まれる場面もあったが、徐々にボールを持つ時間が増えた。後半は主導権を握り、素早いパス回しから再三、ゴールに迫った。後半40分、MF橋本のシュートが相手のハンドを誘いPKに。FW金弘淵が決めた。シュート数で8-2と圧倒。後半は横浜に大きな好機を与えなかった。

■ピッチサイド 波状攻撃で決勝点 守備陣も無失点 巻き返しに弾み
 福島Uは波状攻撃が土壇場で実を結び、3月の第2、3節以来の連勝を飾った。前節の富山戦と同じくDFに4バックを採用。DF杉野健斗、岡田亮太のセンターバックを中心に決定機をつくらせない。次第に球際の競り合いで優位に立ち、ペースをつかんだ。
 福島Uは後半16分にFW茂木弘人、同24分にMF星広太と立て続けに前線の選手を投入。しかし好機を決め切れず迎えた40分。MF橋本拓門がペナルティーエリア外から放ったミドルシュートは相手のハンドを誘った。FW金弘淵が3戦連発となるPKを冷静に決め、均衡を破った。守備陣は3月29日の第3節以来10試合ぶりの無失点。全12チームと当たる2巡目の初戦を制し、巻き返しに弾みをつけた。

■本県関係の出場者
▼盛岡・GK横山卓司(富岡高卒)フル出場
▼U-22選抜・MF幸野志有人(FC東京、JFAアカデミー福島出身)フル出場
▼山口・DF小池龍太(JFAアカデミー福島出身)フル出場

■福島U次戦
(6月7日)
VS盛岡
(13時・とうスタ)

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社