福島ユナイテッドFC

  • Check

福島2-1山口 福島U逆転で首位撃破

【福島ユナイテッドFC-レノファ山口FC】後半11分、福島UのDF星雄が同点ゴールを決める
 明治安田生命サッカーJ3は23日、各地で第30節の6試合を行った。福島ユナイテッドFC(福島U)は福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)でレノファ山口FC(山口)と対戦し、2-1で勝利した。リーグの首位を走る山口を破る金星となった。

 5試合ぶりの勝利を挙げた福島Uは通算成績を9勝8分け10敗とし、勝ち点を35に積み上げた。
 順位は13チーム中8位のままだが、チームが今季の目標に掲げるトップ5入りまで勝ち点差6。残り試合で上位を狙える位置につけた。
 福島Uの次戦は27日午後1時から、鳥取市のとりぎんバードスタジアムで6位のガイナーレ鳥取(鳥取)と対戦する。

とうスタ(福島U1勝2敗)

福島U 2(0―1)1 山口
     (2―0)
9勝8分      21勝1分
け10敗      け6敗
(35)      (64)
▽得点者【福】星雄(後11分)斎藤(後31分)【口】島屋(前19分)
▽観衆 1208人

 【評】福島Uは逆転で山口を下した。前半19分、サイドのスペースを突かれ、折り返しを相手MFに決められ先制を許した。後半11分、途中出場のFW星広からのセンタリングをDF星雄が決め、同点に追い付くと31分にはFW斎藤がゴールを奪い勝ち越した。試合終盤には山口に攻め込まれる展開が続いたが、GK植村を中心に守り抜いて勝ち点3をつかんだ。

■ピッチサイド 5試合ぶり白星 双子の星兄弟連係 反撃弾

 リーグトップを独走する強豪山口を相手に逆転劇を演じ5試合ぶりの白星を挙げた福島U。スタンドで声援を送ったサポーターは待ちわびた勝利に歓喜した。
 1点を追い掛ける後半の頭から、栗原圭介監督は早めの選手交代で勝負に出た。運動量のあるFW星広太を投入し、左サイドを軸に攻撃を展開。采配は的中した。
 後半11分、「走り込んでいると信じていた」と左サイドを崩した星広からの折り返しに、双子の弟のDF星雄次が素早い反応を見せた。絶妙のタイミングのクロスに左足を合わせ、反撃ののろしとなる同点ゴールを挙げた。
 押せ押せムードの中、勢いに乗った星兄弟のコンビネーションがまたしても得点機を生んだ。素早いワンツーで相手守備陣を切り崩すと、星雄からのセンタリングをFW斎藤恵太が押し込み決勝点となった。
 今季新加入した3選手が躍動し、貴重な勝ち点3を獲得した。星広は「これからも兄弟そろって活躍したい。チームの勝利が最優先だが次戦は初ゴールを狙う」と意欲を見せた。

■祖父母前に勝ち越し弾 FW斎藤

 ○...殊勲の勝ち越し弾を挙げたFW斎藤恵太は「応援に来ていた祖父母にいいプレーを見せられた」と喜んだ。宮城県山元町出身。東日本大震災の津波で自宅は全壊した。被災地をプレーで勇気づけたい思いから福島Uへの入団を決めた。「ファンに喜んでもらえる結果を残せた」と胸を張った。

■女性が無料観戦 ミュゼプラチナムスペシャルマッチ

 ○...試合は「ミュゼプラチナムスペシャルマッチ」として、福島Uのユニホームスポンサーで美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」を運営するジンコーポレーションがマッチデースポンサーを務め、女性の観戦料金を無料とした。ホーム戦には毎試合駆け付けているという福島市の木幡はるみさん(42)は「女性ファンが増えるきっかけになると思う。今後も定期的に続けてほしい」と話した。

■福島U次戦

(9月27日)
VS鳥取
(13時・とりスタ)

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社