福島ユナイテッドFC

  • Check

福島U新体制発表 「県民に元気を」 新加入の5選手誓う

 22日に福島市で新体制発表の記者会見に臨んだサッカーJ3の福島ユナイテッドFC(福島U)の新加入5選手は、持ち味を生かしたプレーで県民を元気づけると約束した。
 J1、J2で通算262試合出場を誇るMF渡辺匠(33)=いわき市出身=は「特徴のある選手ではないが、試合に出ようが出まいがチームの力になりたい」と話した。ハンブルガーSV(ドイツ)の日本代表酒井高徳を兄に持つDF酒井高聖(ごうそん)(19)は「1対1でボールを奪うプレーが得意。J1で活躍できるよう力を蓄える」と意気込んだ。 
 福島Uで昨季、新人ながらリーグ8得点を挙げた斎藤恵太(J2熊本に完全移籍)の大学の後輩に当たるMF蓮沼翔太(22)=仙台大=は「パスが得意。試合に出続けて少しでも福島の力になりたい」、昨季はJ3長野に所属したDF小山内貴哉(22)は「サイドの上下動が一番の売り。ハードワークでチームに貢献したい」と誓いを立てた。
 兵庫・滝川二高3年時に全国高校選手権の優勝と得点王に輝いたFW樋口寛規(23)は「ゴール前のプレーを見てほしい。15点を取りたい」と、昨季にJ3相模原で挙げた11得点を上回る活躍を自分に課した。
 竹鼻快GMは「引退、移籍を除いて戦力外通告はせず、現有戦力に上積みできる選手を補強した。チーム一丸で戦いたい」と話した。

■あす湘南と実戦 今季初
 福島Uは23日から2月7日まで神奈川県平塚市で1次キャンプ、2月中旬から下旬にかけて静岡県などで2次キャンプを行う。今月24日には平塚市のShonanBMWスタジアム平塚でJ1湘南と今季初の実戦を行う。J3は3月13日に開幕し、福島Uは福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)でブラウブリッツ秋田(秋田)と対戦する。

カテゴリー:ニュース

「ニュース」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社