福島ユナイテッドFC

  • Check

福島2-1栃木 福島U今季初勝利 頼れる主将 最高の結果

【福島ユナイテッドFC―栃木SC】後半38分、左足で福島U2点目のシュートを決めるMF石堂
 明治安田生命サッカーJ3は10日、各地で第4節の8試合を行った。福島ユナイテッドFC(福島U)は福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で栃木SC(栃木)と対戦し、2-1で今季初勝利を挙げた。
 福島Uの通算成績は1勝2分け1敗となった。勝ち点を5とし、順位は16チーム中10位に浮上した。次戦は17日午後2時から大分市の大分銀行ドームで大分トリニータ(大分)と対戦する。

 【評】攻め続けた福島Uが栃木に競り勝った。福島Uは序盤から主導権を握り、押し込む展開が続いた。前半34分、FW星がシュートを決め先制。後半38分には途中出場のMF石堂が追加点を挙げた。後半ロスタイムに失点し、1点差に詰め寄られたが最後まで集中を切らさずリードを守り切った。

■ピッチサイド 石堂 急きょ出場で追加点 ひたむきな姿、チームに力
 頼れる主将のゴールが待望の1勝をたぐり寄せた。途中出場のMF石堂和人は1点リードの後半38分、サイドを突破したFW星広太からのパスに左足を合わせ、追加点を決めると人さし指を突き上げて喜びを爆発させた。
 開幕から結果が出なかった。前節から控えに回ったが決して気持ちは腐らせなかった。試合前には率先して円陣を組み、仲間に奮起を促した。DF茂木弘人(福島市出身、聖光学院高卒)の負傷退場で急きょ投入となったが短いプレー時間で最高の結果を残した。
 この日の福島Uは試合開始から各選手が気持ちを前面に押し出した。球際で競り勝ち、セカンドボールを奪って好機につなげるなど、栃木を圧倒した。栗原圭介監督は「石堂らベテラン選手のひたむきな姿勢が、チームを一つにまとめている」と評価した。
 試合後、サポーターの声援に手を振って応えた石堂は「勝ちを届けることができてほっとしている。もっとお客さんに来てもらい、スタジアムが赤一色に染まるよう結果を残していくだけ」と言葉に力を込めた。

■星が1得点1アシスト
 ○...FW星広太は1ゴール1アシストと全得点に絡み勝利に貢献した。先制点は持ち味のスピードを生かしたプレーから生まれた。昨年福島Uに同期入団し、今季からともにJ2に移籍した双子の弟・星雄次と斎藤恵太の活躍が刺激になっているという「自分も負けられない。シーズン2桁得点を目指したい」と躍進を誓った。

■古巣相手に奮闘 鴨志田
 ○...MF鴨志田誉は「試合前に栃木のサポーターから名前を呼んでもらいうれしかった」と笑顔を見せた。古巣との対戦に気持ちが入っていたという。豊富な運動量を生かし、攻守に奮闘。後半途中から右サイドバックを務めた。「ポジションにこだわりはない。勝ちにつながるよう努力するだけ」と話した。 

■福島U次戦
(4月17日)
VS大分
(14時・大銀ドーム)

カテゴリー:公式戦 試合結果

福島Uの今季初勝利を喜ぶサポーター

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社