福島ユナイテッドFC

  • Check

【福島トヨタスペシャルマッチ】福島1-1G大阪U23 福島U先制点守れず

【福島ユナイテッドFC―ガンバ大阪U―23】後半20分、先制ゴールを決めた樋口
 明治安田生命サッカーJ3は26日、各地で第14節の7試合を行った。福島ユナイテッドFC(福島U)は福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)でガンバ大阪U-23(大阪)と対戦し、1-1で引き分けた。
 福島Uの通算成績は4勝6分け4敗となり、勝ち点を18に伸ばした。順位は16チーム中9位で前節と変わらなかった。次戦は7月3日午後3時から東京都世田谷区の駒沢陸上競技場でFC東京U-23(東京)と対戦する。

 【評】福島Uは先制点を守れず、G大阪U23と勝ち点1を分け合った。福島Uは前半、攻め切れず0-0で折り返した。後半20分、ゴール左前でMF星広太からパスを受けたFW樋口寛規がシュートを決めて先制した。しかし6分後にゴール前の混戦からこぼれ球を決められ同点とされた。終盤には長身でいずれもDFのパウロン、梅井大輝を中心にゴールに迫ったが勝ち越せなかった。

■ピッチサイド 得点直後、失点ドロー
 ホームで今季初の3連勝を目指した福島Uは得点した直後に追い付かれ、勝ち星を逃した。リードを守り切れず、痛い引き分けとなった。先制点を挙げたFW樋口寛規は「チームの足が止まってしまった」と悔やんだ。
 後半20分、ゴール左前でMF星広太が2人のマークを背負いながらパスを出すと、フリーで受けた樋口が左足を力強く振り抜き、対角のゴール右隅にシュートを決めた。3試合連続の得点となり、本拠地のサポーターが喜びを爆発させた。
 今季の通算得点を6とし、リーグ得点ランキングは首位に浮上。自身の目標とする15得点へ一歩前進したが表情は厳しかった。同点に追い付かれてから猛攻を仕掛けたが、ゴールを割れなかった。「次は勝利につながる点を取る」と誓った。
 チームはリーグ随一の攻撃力を誇りながら、得点した後の試合運びに課題が残った。栗原圭介監督は「もったいない試合だったが、攻撃面では収穫があった。守備の連係を再確認し、次につなげる」と前を向いた。

■次こそは無失点 DF岡田
 ○...DF岡田亮太は「ボールをはじいた後の処理が甘かった」と悔やんだ。味方ゴール前での混戦からボールをピッチ外に蹴り出そうとしたが、相手に奪われて失点した。第1節からセンターバックでフル出場を続ける守備の要は「体を張って粘り強く抑え、次こそは無失点で終える」と責任感を口にした。

■福島U次戦(7月3日)
VS FC東京U23
(15時・駒沢)

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社