福島ユナイテッドFC

  • Check

福島1─1富山 会津で負けない福島U

【福島ユナイテッド―カターレ富山】前半15分、先制点を決めて喜ぶ金功青(中央)
 明治安田生命サッカーJ3は16日、各地で第17節の8試合を行った。福島ユナイテッドFC(福島U)は会津若松市のあいづ陸上競技場でカターレ富山と対戦し、1-1で引き分けた。勝ち点を20に伸ばした。順位は11位のまま。福島Uの次戦は24日午後5時から大阪府吹田市の市立吹田サッカースタジアムでガンバ大阪U-23と対戦する。

あいづ陸上競技場(福島U2分け)
福島U 1(1―1)1 富山
     (0―0)
4勝8分    7勝5分
け5敗     け4敗
(20)      (26)
▽得点者【福】金功青(前15分)【富】窪田(前46分)
▽観衆 1154人

 【評】先制した福島Uは富山に追い付かれ、勝ち点1を分け合った。福島Uは前半15分、DF酒井高聖のパスにFW金功青が右足を合わせて先制した。しかし、前半終了間際の46分、ボールを奪われ失点し同点とされた。後半は福島Uが相手を上回る6本のシュートを放ったが、ゴールを揺らすことはできなかった。

■ピッチサイド 金功青 果敢に先制弾
 試合終了のホイッスルが鳴り響くと、会津の地に駆け付けた多くのサポーターから福島Uの選手への惜しみない拍手が送られた。勝利は挙げられなかったが、「会津で負けなし」は続いている。栗原圭介監督は「上位争いをしている富山相手に主導権を握りながら試合ができた」と収穫を語った。
 前節の逆転負けのイメージを振り払うかのように前半の立ち上がりから積極的に攻めた。15分、けがから復帰したFW金功青が相手DFの隙を突いて中に走り込み、先制弾を放った。金は「今試合は若い選手も多く出場した。攻める気持ちで前に出た結果が得点につながった」と振り返った。FWとして得点を挙げて結果を残さないといけないという自負もある。「FWには今季加入した樋口寛規もいる。競争があってこそ強いチームになる」と言葉に力を込めた。
 チームは今季8回引き分けている。先制してから追い付かれるパターンが多い。栗原監督は「勝ち切ることが上位に進出するために必要になる。最後の詰めの課題を解決していきたい」とさらなる飛躍を誓った。

■先制点アシスト「持ち味が出た」 初スタメンDF酒井
 ○...今季初スタメンで先制点のアシストをしたDF酒井高聖は「DFでも前線に関わっていく自分の持ち味が出た」と結果にうなずいた。自分のスピードを生かし、積極的にボールを受ける機会をつくった。同年代のDF福岡将太、MF前田尚輝のプレーに刺激を受けているという。「ライバルと思って実力を高め合いたい」と語った。

■福島U次戦(7月24日)
VS G大阪23
(17時・吹田スタ)

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社