福島ユナイテッドFC

  • Check

福島3-2琉球 福島U 8戦ぶり勝利

【福島ユナイテッドFC-FC琉球】前半10分、先制のゴールを決め喜ぶ福島ユナイテッドFCの前田尚輝(左から3人目)
 明治安田生命サッカーJ3は11日、各地で第21節6試合を行った。福島ユナイテッドFC(福島U)は沖縄県沖縄市の沖縄県総合運動公園陸上競技場でFC琉球と対戦し、3-2で勝った。福島Uは6月19日の第13節鳥取戦以来の勝利で勝ち点を23とし、リーグ順位を一つ上げ11位とした。リーグ通算成績は5勝8分け8敗。次戦は18日午後3時から神奈川県平塚市のShonan BMW スタジアム平塚で長野と対戦する。

沖縄県(福島U1勝1分け)
福島U 3(1―0)2 琉 球
     (2―2)
5勝8分       7勝5分
け8敗        け9敗
(23)       (26)
▽得点者【福】前田(前11分)樋口2(後31分、後42分)【琉】富樫(後30分)平田(後40分)
▽観衆 1115人

 【評】福島Uは敵地で琉球を終始リードし、8試合ぶりの勝利をつかんだ。前半11分、MF前田がループシュートで敵GKの頭を抜いて先制。後半30分に同点とされるも、直後の同31分に途中出場のFW樋口がゴールを決めた。同40分に再び同点とされたが、同42分に樋口が得点して勝ち越した。

■ピッチサイド 34歳渡辺 暑さに負けず奮闘
 福島Uは約3カ月の長いトンネルを経て勝利をつかんだ。「やっと終わった...」。フル出場のMF渡辺匠は試合終了後、力が抜けたようにグラウンドに倒れ込んだ。「背中も、肩も、上半身も、下半身もつって動けなくてきつかった。(Jリーグ)17年目で初めての経験」と熱戦を振り返った。
 午後6時の試合開始ながら気温29度、湿度77%。後半中盤以降は意識がもうろうとする中で球際の勝負をし続けた。「走れなくなっても、これだけはやるぞと思っていた」とチームのために体力の限界まで戦った。「ぶれずにやれた。34歳になっていい経験ができた」と待望の勝利に酔いしれた。
 栗原圭介監督は「本当に価値のある勝利。これからが勝負だ」と喜びをかみしめた。

■福島U次戦(9月18日)
VS 長野
(15時・Shonan BMW スタジアム平塚)

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社