福島ユナイテッドFC

  • Check

福島2-0YS横浜 福島U2発快勝 民報スペシャルマッチ

【福島ユナイテッドFC-Y.S.C.C.横浜】後半35分、福島U・DF梅井(右)が2点目となるフリーキックを決める
■攻め立て終始優勢

 J3の第26節は23日、各地で7試合を行った。福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で16チーム中12位の福島Uは同16位のY.S.C.C.横浜と対戦し2-0で勝利した。
 試合は福島民報スペシャルマッチとして行われた。福島Uは第22節のAC長野パルセイロ戦の勝利以降、3連敗していたがホームで白星を挙げた。7勝8分け11敗の勝ち点29で12位のまま。

とうスタ(福島U2勝)
福島U 2(1―0)0 Y横浜
     (1―0)
7勝8分       4勝4分
け11敗       け18敗
(29)       (16)
▽得点者【福】岡田亮(前23分)梅井(後35分)
▽観衆 2303人

 【評】福島Uは前、後半に1得点ずつを挙げYS横浜を下した。前半23分、コーナーキックからDF岡田が頭で決めて先制。後半に入ってからも相手ゴールを攻め立て、後半35分にはDF梅井がフリーキックを直接決め、突き放した。福島Uは短いパスを使いながらサイド攻撃を有効に使い、終始相手に流れを渡さなかった。

■ピッチサイド 梅井鮮やかFK弾

 福島Uは途中出場したDF梅井大輝が会場を沸かせた。梅井は「ホームで勝てていなかったので良かった」と胸をなで下ろした。
 追加点となった後半35分の得点は練習の成果がでた。ペナルティーエリア付近でファウルをもらいフリーキックの好機を得た。左足のシュートには自信があった。栗原圭介監督からの提案もあり練習をしていたという。出場してすぐの決定的な好機を外し、悔しさから「蹴りたい」と志願した。枠に入れることだけを意識して左足を振り抜いた。ボールは相手守備陣の壁を擦り抜け、ゴールに一直線に突き刺さった。決めた後は仲間とJリーグ初ゴールを喜び合った。
 本職はセンターバックだが、今季に入り複数のポジションをこなしている。期待されながら、なかなか得点が奪えず悔しい思いをしていた。「残り4試合、高さと強さ、左足のシュートを武器にアピールしたい」とさらなる出場機会を狙っている。

■DF岡田亮 今季初得点

 ○...自身の今季初ゴールを決めたDF岡田亮太は「ゴールもうれしいが、完封で終われて良かった」と振り返った。強風の影響でボールの落下点が読めなかった。DF杉野健斗とコミュニケーションを取り、恐れずに守備をしたという。「残り4試合も無失点で終われるように大事に戦いたい」と意気込んだ。

■福島U次戦(10月29日)
VS C大阪23
(14時・金鳥スタ)

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社