福島ユナイテッドFC

  • Check

福島U快進撃 ホーム開幕飾る 民報スペシャルマッチ

スタンドを真っ赤に染め、選手に声援を送る福島Uサポーター
 26日に福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)で行われた明治安田生命サッカーJ3の「福島民報スペシャルマッチ」で、リーグ参入4年目で初のホーム開幕戦勝利を飾った福島ユナイテッドFC(福島U)。地元サポーターからの大声援を受け、福島Uの選手は試合終了まで攻守に奮闘した。詰め掛けたサポーターは開幕3連勝の快進撃に沸いた。

 会場が一体となった。後半25分、FW田村翔太選手(22)がゴールを決めると、スタジアムは熱気に包まれた。スタンドを赤一色に染めた1637人のサポーターと選手は試合後、喜びを分かち合った。
 福島Uにとってサポーターは「12番目の選手」。その大声援に後押しされるように、ピッチ上の選手は縦横無尽に走り回った。得点シーンも、FWアレックス選手(23)の献身的な守備から生まれた。今季から指揮を執る田坂和昭監督(45)が掲げる「密集」サッカー、全員攻撃・守備が随所に出た。
 ゲームキャプテンを務めたDF茂木弘人選手(33)=聖光学院高出身=は「プレー中、ずっと聞こえた声援に力をもらった」とサポーターの存在の大きさを語った。「ホームで勝てない」と言われた昨季までとは違う姿を見せた。福島Uを運営するAC福島ユナイテッドの鈴木勇人代表(44)は「ようやくホーム開幕戦で勝てた。今年はひと味違う」と今季の飛躍を確信した。

■サポーター喜びに沸く
 初のホーム開幕戦勝利、開幕3連勝と勢いに乗る福島Uの活躍に、サポーターは声を弾ませた。
 福島市の高校生高橋慶二郎さん(17)は昨季から福島Uのひた向きなプレーを見て応援を続けている。「今季は攻撃力があり、見ていて楽しい試合が多い。4連勝に向けて頑張ってほしい」とエールを送った。
 いわき市出身の会社員鈴木達也さん(48)は神奈川県鎌倉市から観戦に訪れた。福島UのJリーグ参戦時から度々ホーム戦に駆け付けている。「田坂監督や選手の熱さに負けないよう、全力で応援していく」と話し、「ホームで全勝してほしい」と期待した。

■田坂監督「勝ち点3以上の喜び」
 田坂和昭監督は初めてホームで公式戦の指揮を執った。「地元サポーターに勝利を届けられ、勝ち点3以上の喜びがある」と笑顔を見せた。
 チャンスをつくりながらも、なかなか得点できない時間が続いた。攻め込まれるシーンもあった苦しい試合だったが、「声援のおかげで得点が生まれ、勝利できた」と振り返った。
 芝生を張り替えたピッチについては「選手の士気が上がる」とし、「関係者全員が力を合わせ、よりよい環境でサッカーができるようにしていく」と誓う。
 開幕3連勝でサポーターの期待はさらに高まった。「3連勝はまぐれだと思い、ただひた向きに戦うだけ」。1試合でも多くの勝利を届けるため気を引き締め直した。

カテゴリー:ニュース

ホーム開幕戦で選手に指示を出す田坂監督(右)

「ニュース」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社