福島ユナイテッドFC

  • Check

福島1-5盛岡 4連敗 福島U反撃ならず

【グルージャ盛岡―福島ユナイテッドFC】前半4分、福島UのMF三橋(右)が先制ゴールを決める
 明治安田生命サッカーJ3の福島ユナイテッドFC(福島U)は25日、盛岡市のいわぎんスタジアムでグルージャ盛岡と対戦し、1-5で敗れた。4連敗で通算成績は5勝8敗1分けとなった。順位は変わらず10位。
 福島Uは前半4分にMF三橋秀平が先制点を奪った。直後の5分に同点を許すと、28分に逆転された。後半は3点を失い、反撃できなかった。
 福島Uの次戦は7月8日午後3時から福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)でFC東京U-23と対戦する。

いわスタ(福島U1敗)
盛 岡 5(2―1)1 福島U
     (3―0)
3勝5分け5敗     5勝1分け8敗
(14)        (16)
▽得点者【盛】畑本(前5分)守田(前28分)谷口(後18分)谷村2(後42分、後45分)【福】三橋(前4分)
▽観衆 1516人


■ピッチサイド 渡辺主将「ここを乗り越えれば」
 今季最悪の5失点で今季2度目の4連敗。田坂和昭監督は試合後、「選手は変わろうともがき苦しんでいるが、時間がかかるだろう。根気強くやるしかない」と自らに言い聞かせるように話した。
 幸先の良いスタートだった。前半4分、右サイドを崩し、ボールを受けたMF三橋秀平が放ったシュートはサイドネットに突き刺さり先制した。しかし、三橋の今季2点目を喜ぶ間もなく5分、28分といずれもクロスからの失点で逆転を許した。田坂監督は常々「走らないと勝てない。強い気持ちを見せないと勝てない」と話しているが、後半に3点目を許すと心が折れたかのように福島Uイレブンの足が止まった。
 「正直、危機的状況だと思う」。後半途中から出場した主将のMF渡辺匠(いわき市出身)は厳しい表情だった。それでも「ここを乗り越えれば福島Uが一つ上のレベルにいける。変わらないといけない時期」と前を向いた。サポーターに「変わった姿」を見せられるか。次節まで2週間の過ごし方が鍵を握る。

■福島U次戦(7月8日)
VS FC東京U23
(15時・とうスタ)

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社