福島ユナイテッドFC

  • Check

福島1-0北九州 福島U5戦ぶり勝利 今季4度目無失点

【福島ユナイテッドFC―ギラヴァンツ北九州】前半終了間際、福島UのMF星(左)が先制ゴールを決める
 明治安田生命サッカーJ3の福島ユナイテッドFC(福島U)は9日、北九州市のミクニワールドスタジアム北九州でギラヴァンツ北九州と対戦し、1-0で勝利した。福島Uは5試合ぶりの勝利で、通算成績を7勝3分け11敗の勝ち点24とし、順位を11位に1つ上げた。

 福島Uは前半終了間際、MF星広太が11試合ぶりのゴールを決め先制した。北九州を上回る10本のシュートを放つなど終始攻撃の手を緩めず、北九州の反撃に耐え、今季4度目の完封勝利を挙げた。
 次戦は17日午後1時から、福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)でガイナーレ鳥取と対戦する。

ミクスタ(福島U1勝1敗)

福島U 1(1―0)0 北九州
     (0―0)
7勝3分      10勝3分
け11敗      け8敗
(24)       (33)
▽得点者【福】星(前46分)
▽観衆 4727人

 【評】福島Uが快勝した。前半からFW小牟田やMF橋本らが積極的にシュートを放つと、前半終了間際、小牟田が頭で落としたボールにMF星が左足を振り抜き先制した。後半になっても運動量は落ちず、相手を上回る10本のシュートを放った。ホームの大声援を受けた北九州の反撃を浴びたが、GK内藤の好守もあり無得点に抑えた。

■ニウド初出場 チームに貢献
 ○...福島Uの新加入MFニウドが初出場した。抱負な運動量と高いボール奪取能力を見せ、フル出場でチームの勝利に貢献した。まだチームに合流して3週間程度。チームが目指すサッカーをさらに学ぶ必要があるとしつつも、「まずは勝てて良かった。次はより良いコンディションで臨めると思う」と手応えを口にした。

■ピッチサイド 星 鮮やか決勝点
 4727人の観衆が息をのむほど鮮やかなシュートだった。先制ゴールを決めた福島UのMF星広太は前半終了間際、FW小牟田洋佑が落としたボールを受け、迷わず左足を振り抜いた。立て続けにコーナーキックを与えるなど、北九州にゴールを脅かされていた嫌な空気を一蹴した。
 開幕4試合で3点を決め好スタートを切った星だったが、その後は得点から遠ざかった。星の成績と比例するようにチームも低迷。久々のゴールを喜びながらも、「もっと継続的に結果を出したい」とチームを再浮上させる覚悟を見せた。
 無失点勝利は約5カ月ぶり。DF川上竜が「背後を狙われる怖さはあったが、90分通して勇気を出した」と話すように、守備陣は高い位置を保ち、中盤と前線も積極的にプレスをかけた。一時は対策され良さが出せなかった「密集」の形が、進化して結果を出した。
 田坂和昭監督は「特にメンタル面で成長を示してくれた」と選手をたたえた。残り11試合で躍進を期待させる快勝だった。

■福島U次戦
(9月17日)
VS鳥取
(13時・とうスタ)

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社