福島ユナイテッドFC

  • Check

福島2-0長野 福島U逃げ切り ニウド加入後初弾地元声援に応える

【福島ユナイテッドFC―AC長野パルセイロ】前半41分、福島UのMFニウド(左から2人目)が2点目を決める
 明治安田生命サッカーJ3の福島ユナイテッドFC(福島U)は1日、福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)でAC長野パルセイロと対戦し、2-0で快勝した。福島Uは9勝3分け12敗の勝ち点30となり、順位は17チーム中10位を維持した。
 福島Uは前半6分、MF鴨志田誉が先制した。41分にはMFニウドが2点目を奪いそのまま逃げ切った。
 試合は県サポーティングマッチとして開催した。次戦は8日午後2時から、神奈川県平塚市のShonan BMW スタジアム平塚でカターレ富山と対戦する。

■とうスタ(福島U2勝)
福島U 2(2―0)0 長 野
     (0―0)
9勝3分       10勝8分
け12敗       け6敗
(30)       (38)
▽得点者【福】鴨志田(前6分)ニウド(前41分)
▽観衆 1427人

 【評】福島Uが今季6度目の無失点勝利を挙げた。福島Uは前半から主導権を握ると6分、MF鴨志田が相手守備のこぼれ球に反応して左足を振り抜き先制した。41分にはMFニウドがセンタリングに頭で合わせ加入後初ゴールを決めた。GK内藤の好セーブなど守備陣が粘り強く守り得点を許さなかった。

【ピッチサイド】
 福島UのMFニウドが加入4試合目での初ゴールでホーム戦勝利に貢献した。ゴール裏のサポーターに駆け寄り「地元の声援に応える働きができた」と喜びを爆発させた。
 狙い通りの得点だった。前節の敗戦から1週間、チームは戦術を試行錯誤し、サイドからの突破を重視する戦術を採用した。ピッチを広く使った攻撃で主導権を握ると前半41分、左サイドでボールを受けたMF星広太がドリブルで突破して上げたセンタリングに頭で合わせた。ニウドの身長は180センチで決して高くはないが、フリーのスペースを見つけ飛び込んだ。
 9月にブラジルから加入した。豊富な運動量と球際の強さで、中盤で存在感を発揮している。しかし、田坂和昭監督は「独り善がりなプレーもある」と話し、積極的な攻撃参加が空回りする場面もあった。今回のゴールで適応力の高さと成長した姿をアピールした。
 「積極的にゴールを狙い、チーム一丸となって上位を目指す」。福島を盛り上げるため、リーグ戦残り8試合でさらなる活躍を誓った。

カテゴリー:公式戦 試合結果

「公式戦 試合結果」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社