福島ユナイテッドFC

  • Check

福島U「恩返し」 特別な日、格別な勝利

ニウド選手の勝ち越しゴールで盛り上がる福島Uイレブンとサポーター
■ホーム開幕戦最多2837人応援
 11日に福島市のとうほう・みんなのスタジアム(あづま陸上競技場)でサッカーJ3の開幕戦に臨んだ福島ユナイテッドFC(福島U)の選手は、東日本大震災から7年の特別な日に県民に勝利を届けた。「自分たちにできることは、サッカーで県民に恩返しすること」。田坂和昭監督(46)の熱い思いが浸透したイレブンは、悲願のJ2昇格に向け最高のスタートを切った。
 ホーム開幕戦最多の2837人が駆け付けた。前半はザスパクサツ群馬に先制点を許すなど押され気味だったが、後半に入ると流れは福島Uへと傾いた。磨きをかけた「密集」サッカーから何度も好機を演出した。昨季、J2で戦った群馬を相手に試合の主導権を握り、強力な攻撃陣を封じた。
 試合後の会見で田坂監督は「選手の成長を感じた。応援してくれる県民に自分たちの思いが届いたと思う」と感慨深げに語った。
 震災発生時から福島Uに所属するDF岡田亮太選手(29)は先発出場し、ニウド選手(24)の勝ち越しゴールをアシストした。「たくさんの人に支えられて今がある。勝利の瞬間はうれしさが込み上げた」と感無量だった。
 赤く染まったスタンドのサポーターも選手を後押しした。昨季、福島Uのホーム全試合に駆け付けた福島市の契約社員阿部英輝さん(27)は「素晴らしい試合内容。福島Uの活躍は福島復興の象徴だ」とたたえた。

カテゴリー:ニュース

「ニュース」の最新記事

>> 一覧

福島ユナイテッドFCの最新記事

>> 一覧
当サイトの福島ユナイテッドFCのチームロゴ、チームエンブレムは、
(株)AC福島ユナイテッドの許諾を得て使用しています。
記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright©福島民報社