ふくしま衆院選 開票速報

関連記事

勢力が変化 本県関係国会議員

 衆院選の結果を受け、本県関係国会議員の勢力が変化した。 国会議員の所属政党は【表】の通り。自民党は衆院5人、参院2人の合わせて7人で、衆院選前に比べ1人増えた。衆院4人、参院1人の計5人だった民進党は野党再編で分かれ、希望の党の衆院1人、民進系...[記事全文

カテゴリー:主要

5議席獲得を評価 自民県連が総括の役員会

 自民党県連は23日、福島市で衆院選を総括する役員会を開き、当選した5人に県連、地域と協力し、復興・創生の施策を実現するよう求める方針を決めた。 会議では目標としていた「5議席必獲」を達成した点を評価した。選挙期間中に寄せられた有権者の意見を踏ま...[記事全文

カテゴリー:主要

開票作業 遅れ相次ぐ 県内衆院選

終了時間が予定より約2時間遅れた会津若松市。比例代表の選管最終が発表された時、時計は午前1時50分を過ぎていた=若松二中体育館
 22日に投開票が行われた衆院選で、開票作業に時間がかかり、各選管委が事前に発表していた予定時間を超過する市町村が相次いだ。突然の解散による選挙で、通常開票に使用している施設とは別の会場での作業となったり、台風の影響で投票箱運搬に時間がかかったりするケー...[記事全文

カテゴリー:主要

【安倍政権継続へ】復興公約、必ず実現を(10月23日)

 第48回衆院選は自民、公明の与党が絶対安定多数となる261議席を優に超え、大勝する見通しとなった。この勝利により、安倍晋三首相は引き続き政権を運営し、安倍政権の多くの政策が継続されることが確実になった。今回の公約の大きな柱だった消費税増税による子育て支...[記事全文

カテゴリー:論説

衆院選、県内選挙区 自民3勝2敗

1区 金子氏(無所属)2区 根本氏(自 民)3区 玄葉氏(無所属)4区 菅家氏(自 民)5区 吉野氏(自 民) 第48回衆院選は22日に投票、即日開票された。 自民、希望、共産、維新、社民の5党と無...[記事全文

カテゴリー:主要

県内選挙区 1区 金子氏 2区 根本氏 3区 玄葉氏 4区 菅家氏 5区 吉野氏

 第48回衆院選は22日に投開票された。県内5選挙区は、1区で民進系無所属の前職金子恵美氏(52)、2区で自民党の前職根本匠氏(66)、3区で民進系無所属の前職玄葉光一郎氏(53)、4区で自民の前職菅家一郎氏(62)、5区で復興相を務める自民の前職吉野正...[記事全文

カテゴリー:主要

「思い込めて投票を」 県選管委員長呼び掛け

有権者に投票を呼び掛ける遠藤委員長
 県選管委の遠藤俊博委員長は20日、県庁で記者会見し、衆院選で投票を呼び掛ける談話を発表した。 選挙権年齢引き下げから初となる今回の衆院選は、日本の将来や東日本大震災、東京電力福島第一原発事故からの復興・創生に取り組む本県にとって極めて重要と説明...[記事全文

カテゴリー:主要

衆院選22日投票 県内選挙区、17候補最終盤の戦い

 第48回衆院選は22日、投開票を迎える。県内5つの選挙区に計17人が立候補し、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興政策、安倍晋三首相の政権運営の是非などを訴え最終盤の戦いを繰り広げている。各陣営とも無党派層への浸透が議席獲得の鍵を握るとみて...[記事全文

カテゴリー:主要

県内選挙区終盤情勢 ふくしま衆院選

 衆院選は22日の投票まで4日となった。福島民報社は15日から17日にかけ共同通信社と協力して電話世論調査を実施し、これまでの取材も加味して県内5選挙区の終盤情勢を探った。1区は自民党の前職と無所属の前職による接戦が続いている。4区は自民の前職が優勢とな...[記事全文

カテゴリー:主要

11陣営「前回上回る」 衆院選投票率予想

 22日投票の衆院選は16日、後半戦に入った。福島民報社の取材では県内5選挙区の17陣営の6割を超す11陣営が投票率を「前回より上回る」と予想している。各陣営は投票に向け、無党派層・若者らへの訴えなどに力を入れる。 各陣営の予想投票率と予想当選ラ...[記事全文

カテゴリー:主要

「投票に行く」8割 県内10代有権者100人民報社アンケート

 22日投票の衆院選は16日から後半戦に入る。福島民報社は公選法改正で選挙権年齢が引き下げられてから初めての衆院選に臨む県内の18、19歳の高校生、大学生ら計100人を対象にアンケートを実施した。投票に行くとしたのは82人で、8割を超えた。このうち、投票...[記事全文

カテゴリー:主要

初の週末、支持拡大狙う 繁華街や催し回る 2017ふくしま衆院選

 22日投票の衆院選は14日、最初の週末を迎え、県内5つの選挙区の候補者17人は支持拡大に向けて選挙カーを走らせた。人が集まるイベントや繁華街などを回る候補者が目立った。 4区の候補者の一人は休日の在宅率の高さを期待して会津若松市内の団地...[記事全文

カテゴリー:主要

復興策の進め方争点 5区 2017ふくしま衆院選

 復興相で自民党の前職吉野正芳(69)と、旧民主党政権で復興副大臣を務めた希望の党の前職吉田泉(68)が安倍政権の復興施策の評価などを争点に論戦を繰り広げている。東日本大震災で被災したいわき市や、依然として避難生活を続けている双葉郡の有権者に対し、それぞ...[記事全文

カテゴリー:主要

経済振興策巡り論戦 2区 2017ふくしま衆院選

 第二次安倍内閣で復興相を務めた自民党の前職根本匠(66)に、希望の党の新人岡部光規(49)が2度目の戦いを挑んでいる。2人はそれぞれの支持組織を固めるとともに、大票田の商都・郡山市で経済振興策などを訴え、浮動票の獲得を目指している。 根...[記事全文

カテゴリー:主要

2017ふくしま衆院選 県内世論調査 序盤情勢

 衆院選の県内選挙区に立候補した17人は22日の投票に向け激しい論戦を繰り広げている。共同通信社は10、11の両日、各選挙区の有権者に電話世論調査を実施した。福島民報社の取材を加味した序盤情勢は、1区は無所属と自民党の前職による激戦となっている。2区と5...[記事全文

カテゴリー:主要

選挙公報を印刷 県選管委が89万1500部

次々と印刷される選挙公報
 県選管委は11日、福島市の日進堂印刷所で衆院選の県内5小選挙区の選挙公報合わせて89万1500部を印刷した。 選挙権年齢の18歳以上への引き下げに伴い、部数は2014(平成26)年の前回衆院選より3万1000部増えた。選挙公報は選挙区ごとに作製...[記事全文

カテゴリー:主要

県内5選挙区17人 衆院選公示、22日投票

 第48回衆院選は10日公示され、22日の投開票に向け12日間の選挙戦に入った。自民党・公明党、希望の党・日本維新の会、共産党・立憲民主党・社民党の3極が激突する構図となり、安倍晋三首相の政権運営に対する評価などが争点となる。県内5選挙区には前職8人、新...[記事全文

カテゴリー:主要

県内選挙区構図固まる 3区玄葉氏、無所属で出馬へ 衆院選

 10日公示、22日投票の衆院選で、本県3区から立候補を予定している民進党の前職玄葉光一郎氏(53)は6日、希望の党に公認申請せず、無所属での立候補を表明した。公示まで3日に迫り、県内5小選挙区の構図はようやく固まった。1区は自民党候補と、民進党県連、共...[記事全文

カテゴリー:主要

1区は野党一本化 共産は斎藤氏の擁立取り下げ 衆院選

 10日公示、22日投票の衆院選で、共産党県委員会は5日、本県1区に予定していた新人斎藤朝興氏(74)の擁立を取り下げ、無所属で立候補する前職金子恵美氏(52)=比例東北=を支援すると発表した。1区は野党候補者が一本化され、自民党の前職亀岡偉民氏(62)...[記事全文

カテゴリー:主要

立候補予定者に手続きなど説明 福島

立候補届け出の説明を聞く関係者
 衆院選の立候補予定者と政党代表者向けの説明会は4日、福島市の杉妻会館で開かれた。 県内5つの小選挙区の立候補予定者18人の代理人が出席した。政党では自民、社民、共産、公明の各党の関係者が参加した。 県選管委をはじめ県警本部、福島地方法務...[記事全文

カテゴリー:主要

1区午前0時半 開票終了見通し 2区午前0時

 10日公示、22日投票の衆院選で、県内選挙区の開票終了予定時刻は1区が5選挙区の中で最も遅く午前0時半、2区が午前0時、3区が午後9時55分、4区が午後11時、5区が午後11時半の見通しとなっている。4日、県選管委が発表した。 21市町...[記事全文

カテゴリー:主要

小熊、吉田、岡部氏が希望公認 県内民進の前職、新人 金子氏は無所属意向

 希望の党は3日、衆院選(10日公示-22日投開票)の第一次公認候補を発表した。県内小選挙区は、民進党からの立候補を予定していた5氏のうち、4区の前職小熊慎司氏(49)、5区の前職吉田泉氏(68)=比例東北=、2区の新人岡部光規氏(49)の3氏が含まれて...[記事全文

カテゴリー:主要