福島県知事選

得票数(選管最終)

氏 名 党派 現元新 得票数
内堀 雅雄 490,384
熊坂 義裕 129,455
井戸川 克隆 29,763
金子 芳尚 25,516
伊関 明子 24,669
五十嵐 義隆 17,669

関連記事

内堀氏に知事選当選証書を付与

 県選管委は29日、福島市の杉妻会館で選挙会を開き、26日に行われた知事選の投票結果に基づき、内堀雅雄氏(50)の当選を決定した。引き続き、当選証書付与式を県庁で行った。  菊地俊彦委員長が内堀氏に当選証書を手渡し、「県民に寄り添い、県民の目を見て、...[記事全文

カテゴリー:主要

【知事選低投票率】制度や啓発を見直す(10月28日)

 知事選の投票率は過去2番目に低かった。県と市町村の各選管委は今後、年代別投票率をまとめる。選挙権年齢を引き下げる公選法改正案の国会提出が検討されている中、選挙結果を投票率などのデータ分析に終わらせるだけでは不十分だ。東京電力福島第一原発事故の避難地...[記事全文

カテゴリー:主要

自民県連 岩城会長辞意固める

 自民党県連の岩城光英会長(参院本県選挙区)は、県連会長を辞任する意向を固めたもようだ。  知事選をめぐっては、県連は当初、独自候補の擁立を決めたが、党本部が難色を示すなどして断念した。岩城氏は先月、記者団に「私自身が責任者として取り組んできた。きち...[記事全文

カテゴリー:主要

【内堀氏当選】共に泣き闘う知事に(10月27日)

 福島再生の新たなかじ取り役を決める知事選で、前副知事の内堀雅雄氏が初当選した。つらい闘いを強いられている県民をしっかりと守り、国と東京電力に対して主張すべきことを主張し、復興を強力に引っ張ってほしい。  東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後初め...[記事全文

カテゴリー:主要

あぶくま抄(10月27日)

 明治2(1869)年5月、本県に「知事」という名の役人が登場した。戊辰戦争直後、維新政府は旧会津藩の支配地を若松県とした。淡路藩士である林兼善を知事に任命する。 版籍奉還の後、明治4年には県内に10もの県が存在した。統合が進められ、明治9年に若松県...[記事全文

カテゴリー:主要

内堀氏が初当選 県知事選

 任期満了に伴う第20回知事選は26日、投開票され、新人の内堀雅雄氏(50)が初当選した。 9日の告示以来、新人6人が東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの県土再生に向けた政策を示し、有権者に支持を訴えてきた。【選管最終】(得票順、敬称略)当 ...[記事全文

カテゴリー:主要

福島県知事選 午後9時ごろ大勢判明

 任期満了に伴う第20回知事選は26日、投開票される。立候補した無所属の新人6人は9日の告示以来、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの県土再生に向けた政策を示し、有権者に支持を訴えてきた。投票は1296カ所で行われ、同日午後9時ごろには大勢が...[記事全文

カテゴリー:主要

知事選、投票まで2日 各陣営、票の掘り起こし進める

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後初の知事選は26日の投票まで2日となった。各陣営は23日、地元や重点地区での遊説やインターネットによる選挙運動で票の掘り起こしを進めている。  前副知事で無職の内堀雅雄候補(50)の陣営は重点地域の一つとして...[記事全文

カテゴリー:主要

各陣営ラストスパート 期日前投票など呼び掛け 知事選

 任期満了に伴う知事選は26日の投票まで3日。各陣営は期日前投票の徹底や電話での支持拡大などでラストスパートに入った。 前副知事で無職の内堀雅雄候補(50)の陣営は、約1600に及ぶ各種推薦団体や県議の後援会を通じて期日前投票の活用など投票の徹底を呼...[記事全文

カテゴリー:主要

未成年者が期日前投票 福島県知事選で福島市選管ミス

 知事選で、福島市選管委事務局のミスにより、公職選挙法の年齢に関する規定で本来なら不在者投票すべき19歳の男性が、誤って期日前投票をしていたことが分かった。市選管委は県選管委などと協議し、男性の投票を無効としないことを決めた。市選管委が21日、発表し...[記事全文

カテゴリー:主要

「汚染水対策」が最多 原発事故の最優先政策 本社世論調査

 知事選の投票を前に福島民報社が行った電話世論調査では、東京電力福島第一原発事故の対策として最も進めてほしい政策を聞いた。「原発の汚染水対策とトラブル防止」が27・8%で唯一、20%を超え最多となった。汚染水を減らすための抜本策が確立できず、浄化装置...[記事全文

カテゴリー:主要

6候補、街へ仮設へ 知事選ラストサンデー

 知事選は投票日前の最後の日曜日となった19日、6人の候補者が県内各地で政策を訴え、支持拡大に向けラストスパートに入った。県内の各選管委は若者の投票意欲を高めようと一斉啓発に力を入れた。有権者には「県の新たなリーダーを選ぶ重要な選挙」と強い関心を持つ...[記事全文

カテゴリー:主要

知事選期日前投票 3万1233人

 26日投票の知事選で、告示翌日の10日から16日まで7日間の期日前投票者数は3万1233人で、前回知事選の同時期(期日前投票開始から7日間)の2万9189人より2044人多く、1・07倍となった。全有権者数に占める割合は1・94%で、前回の1・77...[記事全文

カテゴリー:主要

【知事選投票率】一票が未来を決める(10月18日)

 知事選での投票率低迷が懸念されている。とりわけ若い世代の棄権が心配される。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を進める新たな「かじ取り役」を決める選挙だ。結果は今後数十年の県政に及ぶ。影響をもっとも受けるのは若者だ。「古里の未来を決める...[記事全文

カテゴリー:主要

【選挙と避難者】改善続け投票しやすく(10月16日)

 任期満了に伴う知事選は告示から一週間が過ぎた。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴い、選挙を取り巻く環境は様変わりした。震災から丸4年に当たる来年で、県や市町村の選挙は震災後の一巡を終える。衆院選、参院選も行われた。各選挙で浮かんだ課題を洗い...[記事全文

カテゴリー:主要

知事選選挙公報 69万部を発送

 県選管委は15日、知事選の選挙公報計69万300部を各地方振興局などに発送した。 発送作業は県庁前で行われ、県選管委事務局職員が7台のトラックに積んだ選挙公報の部数などを確認した。金子市夫県選管委事務局次長が「有権者にとって重要な情報となる選挙公報...[記事全文

カテゴリー:主要

各陣営、投票率読めず 無党派層掘り起こしに力 中盤戦入り

 任期満了に伴う知事選は各陣営が序盤戦で重視した3連休を終えて中盤に入った。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生後の初の知事選で、6人の立候補者全員が新人で政党色を出していないなど過去の選挙と比較が難しいこともあり、多くの陣営が投票率は「読みに...[記事全文

カテゴリー:主要

県議補選絡み困惑 知名度アップに躍起 現地ルポ(下)

 いわき市平の6号国道沿いにある前副知事で無職の内堀雅雄の連絡所。12日は数人のスタッフが電話応対などに当たっていた。いわき市と双葉郡を担当する内堀の五区選対は支援政党の自民、民主の国会議員が顧問に就き、公明、無所属を加えた地元の県議が相談役に名を連...[記事全文

カテゴリー:主要

知事選初の選挙サンデー 都市部で浸透図る

 知事選告示後初の日曜日となった12日、立候補した新人6人は県内各地で遊説や街頭演説を繰り広げた。 内堀雅雄候補は郡山市内を巡り、各所でマイクを握った。 井戸川克隆候補は白河市から矢吹町、須賀川市などを巡った。 五十嵐義隆候補はいわき市から相馬市まで...[記事全文

カテゴリー:主要

選挙公報印刷開始 県選管委が知事選で

 県選管委は12日、福島市の日進堂印刷所で知事選の選挙公報84万9600部の印刷を始めた。 選挙公報には知事選に立候補した新人6人の顔写真や略歴、政見、公約などがくじ引きで決まった順番で掲載されている。平成22年の前回知事選の選挙公報は81万部で、世...[記事全文

カテゴリー:主要

初の週末、支持訴え 各候補、各地へ選挙カー 知事選

 知事選に立候補した6人は告示後最初の週末となった11日、県内各地に選挙カーを走らせ、有権者に支持を呼び掛けた。選挙戦序盤のため、地元をはじめ、東日本大震災や東京電力福島第一原発事故での避難者が暮らす仮設住宅などで、名前を売り込もうと連呼した。  前...[記事全文

カテゴリー:主要

県内59市町村で受け付け 期日前投票

 知事選で、県内59市町村の各選管委は10日から期日前投票を受け付ける。有権者は投票日前日の25日まで、市役所や町村役場など期日前投票所で投票できる。 期日前投票所は計194カ所。このうち、東京電力福島第一原発事故で住民の多くが避難生活を送る双葉郡8...[記事全文

カテゴリー:主要

最多6人復興政策訴え 知事選、舌戦スタート

 任期満了に伴う第20回知事選は9日、告示された。無所属の新人6人が立候補し、平成18年の前々回の5人を上回り、過去最多の候補者数となった。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、初めての知事選で、今後の本県復興のけん引役を選ぶ重要な選挙となる。各...[記事全文

カテゴリー:主要

新人6人立候補 知事選告示 26日投票

 任期満了に伴う第20回知事選は9日、告示された。同日午前9時半現在、無所属の新人6人が立候補し、26日の投票に向けて17日間の選挙戦に入った。  立候補したのは届け出順に、前副知事で無職の内堀雅雄氏(50)=自民、民主、公明、維新、社民各党が支援=...[記事全文

カテゴリー:主要

あす知事選告示

 任期満了に伴う知事選は9日告示され、26日の投票に向けて17日間の舌戦に入る。6人の立候補予定者は9日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の被災地やそれぞれの地元を遊説し、本県の復旧・復興に向けた政策などを訴える。 震災と原発事故発生後初の知事...[記事全文

カテゴリー:主要

知事選投票用紙を発送 県庁から振興局へ

 9日告示、26日投票で行われる知事選の投票用紙は3日、県庁から各地方振興局などに向けて一斉に発送された。 知事選の投票用紙166万2千枚と、16日告示で知事選と同時選となるいわき市選挙区県議補選(欠員1)の投票用紙27万7千枚、不在者投票用の封筒な...[記事全文

カテゴリー:主要

除染手法などで持論 知事選立候補予定の6人、福島でJC公開討論会

 任期満了に伴う9日告示、26日投票の知事選の立候補予定者による公開討論会は2日、福島市の県文化センターで開かれた。○×式の質問では、除染の進め方や東京電力福島第一原発事故に伴う避難地域の復興ビジョンについて出席者の見解が分かれた。県内原発の即時全基...[記事全文

カテゴリー:主要

原発再稼働明確に反対 熊坂氏が基本政策を発表

 知事選に立候補を表明している熊坂義裕氏は2日、福島市の後援会事務所で記者会見し、東京電力福島第一原発事故の被害対策の総見直しなどを盛り込んだ基本政策と具体的な施策を発表した。  熊坂氏は「帰還一辺倒の政策ではなく、放射線を避けて暮らす権利を保障する...[記事全文

カテゴリー:主要

選挙啓発CMを専門学校で撮影 郡山で学生出演

 知事選に向け、県選管委は29日、郡山市の国際アート&デザイン専門学校で選挙啓発用のテレビスポットCMを撮影した。 若い感性を取り入れたCMで知事選への関心を高め、投票率をアップさせようと、同専門学校の10代、20代の学生が企画の原案を考え、出演や撮...[記事全文

カテゴリー:主要

内堀氏支援を正式決定 知事選で自民県連

 任期満了に伴う10月9日告示、同26日投票の知事選で、自民党県連は27日、福島市の県連会館で総務会を開き、前副知事の新人内堀雅雄氏(50)=福島市=支援を正式決定した。引き続き開いた県連の支部長・幹事長会議で報告した。 総務会は冒頭以外は非公開。終...[記事全文

カテゴリー:主要