福島県知事選

開票結果

氏 名 党派 現元新 得票数
内堀 雅雄 650,982
町田 和史 35,029
高橋 翔 17,159
金山 屯 10,259

関連記事

知事選、期日前投票19万1619人 25日現在、前回比の1.5倍

 知事選の二十五日現在の期日前投票者数は十九万一千六百十九人で、四年前の前回同期を六万三千百七十一人上回り、約一・五倍に増えた。告示前日の十日現在の選挙人名簿登録者数(有権者数)に占める割合は11・87%で、前回を3・91ポイント上回っている。 ...[記事全文

カテゴリー:主要

投票に行こう(10月27日)

 魅力ある街づくりや景気対策、農産物の売り込み…。知事に対する期待は大きい。さまざまな世代から古里に寄せる思い、率直な意見が飛び出す。 県選管委は特設ホームページやCMを使い、知事選投票への参加を促す。CMは「もし、あなたが福島県知事だったら?」...[記事全文

カテゴリー:あぶくま抄

4候補者都市部中心最後の訴え 知事選あす投票

 任期満了に伴う第二十一回知事選は二十八日、投開票される。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興、地方創生など山積する課題解決に向けた県政運営のリーダーを決める。いずれも無所属の現職と新人三人の合わせて四人が立候補し、十一日の告示以来、県内各地...[記事全文

カテゴリー:主要

都市部で訴え強化 浮動票獲得へ全力 知事選

 任期満了に伴う知事選は二十八日の投票まであと四日となり、終盤戦を迎えた。立候補した四人は大票田で浮動票の多い都市部を中心に遊説を繰り広げるなど訴えを強化する。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興、地方創生など山積する課題解決に向けた政策を掲...[記事全文

カテゴリー:主要

若者が求める定住化政策 「働く場所づくり」最多 県内10代有権者アンケート

 二十八日投票の知事選に合わせ、福島民報社が県内の十八、十九歳百人に行ったアンケートでは若い世代が県内への定住や、県外から移り住むためにはどんな政策が必要かを聞いた。「さまざまな業種の企業を誘致して、働く場所をつくる」との回答が三割強に上り、若者が雇用環...[記事全文

カテゴリー:主要

「仮想知事」公約募る 県選管委ホームページで発信

「知事になったら実現したいこと」を書いたボードを見せる戸田さん(左)
 県選管委は若い世代の知事選への関心を高めようと二十七日まで「知事になったら実現したいこと」を有権者から募っている。メッセージボードに県の政策への願いを書いてもらい、学生らがメッセージボードを持つ様子を撮影する。写真は県選管委の特設ホームページなどで発信...[記事全文

カテゴリー:主要

福大生ら投票訴え 知事選期間中最後の日曜日 県下一斉街頭啓発

JR福島駅前で投票を呼び掛ける春菜さん(左)ら
 県選管委と県内各市町村選管委は知事選期間中で最後の日曜日となる二十一日、投票率アップに向けて県下一斉の街頭啓発を繰り広げた。  このうち、福島市のJR福島駅東口広場では県選管委県北地方事務局から「明るい選挙啓発推進アンバサダー」に委嘱された元ミ...[記事全文

カテゴリー:主要

知事選、6割超「関心ある」 県内10代有権者アンケート

 選挙権年齢の十八歳以上への引き下げ後に初めて行われる知事選(二十八日投票)に合わせ、福島民報社は十八、十九歳の高校生や大学生、社会人ら百人にアンケートを実施した。知事選に「大いに関心がある」「ある程度関心がある」と答えた人は六割を超え、投票に「必ず行く...[記事全文

カテゴリー:主要

公選法改正後、初の知事選 磐城学校新聞で啓発

23日の発行に向け、「18歳選挙権」をテーマに新聞製作に励む生徒=いわき市・磐城高
 公選法改正に伴い選挙権年齢が十八歳以上に引き下げられて以降、初めてとなる知事選で、県内の高校に「十八歳選挙権」をテーマにした学校新聞製作や期日前投票事務への参加、模擬投票の動きなどが広がっている。高校生は知事選を通じて一票の重みや投票の意義について理解...[記事全文

カテゴリー:主要

一票の重み理解 会津高生が模擬知事選

模擬の知事選に臨む会津高の生徒
 会津高で十九日、模擬知事選が行われた。生徒が選挙の仕組みを学び、一票の重みを考えた。 主権者教育の一環として実施した。一年生約二百四十人が参加した。知事選を報じる新聞や選挙公報を読み込んで各候補の主張を見極め、実際の投票で使われる用紙に候補者名...[記事全文

カテゴリー:主要

県議補選19日告示 福島市など5選挙区

 県議補選の五選挙区(福島市、白河市・西白河郡、喜多方市・耶麻郡、田村市・田村郡、伊達市・伊達郡)は十九日、告示される。欠員はいずれも一で、二十八日投票の知事選と同時選となる。 伊達市・伊達郡選挙区は元伊達市議会議長の新人佐々木彰氏(53)=自民...[記事全文

カテゴリー:主要

関心盛り上げに全力 各候補、後半戦へ支持固め 2018ふくしま知事選

 任期満了に伴う知事選は十九日で折り返しを迎えた。立候補した四人は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興、人口減少や地方創生など山積する課題解決に向けた政策を掲げ、浸透を図っている。だが、関係者からは「有権者の関心はまだ低い」との声が上がる。各...[記事全文

カテゴリー:主要

県議補選の5選挙区19日告示

 県議補選の五選挙区(福島市、白河市・西白河郡、喜多方市・耶麻郡、田村市・田村郡、伊達市・伊達郡)は十九日、告示される。欠員はいずれも一で、二十八日投票の知事選と同時選となる。 伊達市・伊達郡選挙区は元伊達市議会議長の新人佐々木彰氏(53)=自民...[記事全文

カテゴリー:主要

車内で「移動期日前投票」始まる 大熊町選管委、広野で県内初

ワゴン車の中に設けられた移動期日前投票所で投票する町民
 二十八日投票の知事選で、大熊町選管委は十六日、車内で期日前投票を受け付ける「移動期日前投票所」を県内で初めて、町民が入居している広野町の災害公営住宅下北迫団地集会所に設けた。 東京電力福島第一原発事故に伴う避難で増した有権者の移動負担を減らす。...[記事全文

カテゴリー:主要

知事選特設ホームページ開設 若年層の投票率向上へ

 県選管委は十五日までに、知事選の特設ホームページを開設した。投票率向上を目指す試み。選挙権年齢引き下げに伴い初めて投票権を得た十八、十九歳をはじめ若年層への働き掛けを強める。 ホームページには県内の民放テレビ四局で放送している啓発用CM動画「も...[記事全文

カテゴリー:主要

ボンズ2選手期日前投票 若い世代に呼び掛け

期日前投票を行う武藤副主将
 二十八日投票の知事選で、国内男子プロバスケットボールBリーグ二部の福島ファイヤーボンズの武藤修平副主将(26)、前田陽介選手(29)は十五日、郡山市のショッピングモールフェスタ二階フェスタホールで期日前投票を済ませた。 投票率アップに向けて、県...[記事全文

カテゴリー:主要

会津大生が立会人 若松市選管委、知事選期日前投票で

地元住民と共に立会人を務めた春日さん(右)
 会津若松市選管委は十四日、知事選の期日前投票立会人に会津大生を起用した。同市内で大学生が投票立会人を務めるのは初めて。  投票立会人を務めたのは同市在住の春日勇太さん(20)=二年、南相馬市出身=。市役所栄町第二庁舎の投票所で、地元住民の立会人...[記事全文

カテゴリー:主要

人口減少どう解決 会津 2018ふくしま知事選/地域は今(下)

 「県の復興・再生に向けた大切な知事選です。私たちの思いを一票に託しましょう」。十四日、県選管委の啓発カーが人通りがまばらな会津地方の山あいの集落を走り抜けた。 高齢化の大波が日本を襲う。会津地方は特に顕著だ。県人口に占める高齢者(六十五歳以上)...[記事全文

カテゴリー:主要

繁忙期過ぎた公共事業 中通り 2018ふくしま知事選/地域は今(中)

来年1月に開館予定の須賀川市民交流センター(右)。震災に伴う大型公共施設の整備事業は相次いで終わる=13日
 知事選告示後初の週末を迎えた十三日、須賀川市の中心市街地で立候補者が政策を訴えた。市中心部では東日本大震災で被災した施設跡地に市が復興の象徴として建設した市民交流センターが来年一月の開館を控える。震災に伴う大型公共施設の整備作業が相次いで終わる中、県内...[記事全文

カテゴリー:主要

戻らぬ企業、残る風評 浜通り 2018ふくしま知事選/地域は今(上)

建物解体の跡地が目立つ富岡町の商店街。地元事業者の帰還はまだ途上となっている=12日
 任期満了に伴う知事選に立候補した現職内堀雅雄(54)、自営業の新人金山屯[じゅん](78)、IT会社経営者の新人高橋翔(30)、共産党県委員長の新人町田和史(42)の四候補は県内各地を遊説するなどして東日本大震災、東京電力福島第一原発事故の復興施策や人...[記事全文

カテゴリー:主要

選挙啓発推進アンバサダー モデルの小林さん委嘱

小川局長から委嘱状を受ける小林さん(右)
 県選管委県北事務局は十一日、知事選への投票を呼び掛ける「明るい選挙啓発推進アンバサダー」にモデルで元ミス・ユニバース・ジャパン福島代表の小林愛さん(23)=福島市=を委嘱した。 小林さんはJR福島駅東口で二十一日午後二時から行われる街頭啓発に参...[記事全文

カテゴリー:主要

【知事選告示】若者の夢育てる論戦を(10月12日)

 任期満了に伴う知事選が告示された。再選を目指す現職内堀雅雄氏に新人三人が挑む。選挙権年齢が満十八歳以上になってから本県で初の知事選だ。若者の政治参加意識を高め、明日の福島づくりを促す選挙戦を期待する。 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から...[記事全文

カテゴリー:論説

現新4人舌戦入り 28日投開票 知事選

 任期満了に伴う第二十一回知事選は十一日に告示され、再選を目指す現職と新人三人の合わせて四人が立候補した。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興、人口減少や地方創生などの課題が山積する中、今後四年間の県政のけん引役を決める重要な選挙となる。各候...[記事全文

カテゴリー:主要

県政運営どう評価 4人立候補予定 知事選11日告示

 任期満了に伴う知事選は十一日告示され、現職と新人三人が立候補する見通しとなっている。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興、地方創生などの課題に対する現在の県政運営への評価が争点となる。立候補予定者が掲げる政策は多岐にわたる。二十八日の投票に...[記事全文

カテゴリー:主要

復興、地方創生で持論 福島でJC公開討論会

討論会に臨む(右から)内堀、金山、町田、高橋の各氏
 任期満了に伴い十一日告示、二十八日投票で行われる知事選の立候補予定者による公開討論会は八日、福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開かれた。立候補を予定している四人が東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興や地方創生の政策に...[記事全文

カテゴリー:主要

11日告示4人立候補へ 28日投票の福島県知事選

 任期満了に伴う知事選は十一日に告示され、二十八日の投票に向けて十七日間の選挙戦に入る。次の任期中の二〇二〇年度には東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の発生から十年となる。国の復興・創生期間が終了し、復興庁が廃止される。復興政策の転換点を迎えるが、中...[記事全文

カテゴリー:主要

知事選、11日告示へ動き本格化 内堀氏・復興さらに加速 町田氏・福祉の充実重視

 任期満了に伴う知事選は十一日の告示まで一週間を切り、各立候補予定者の動きが本格化してきた。立候補を表明している現職内堀雅雄氏(54)、共産党県委員長の新人町田和史氏(41)、自営業の新人金山屯(じゅん)氏(78)の三人は東日本大震災と東京電力福島第一原...[記事全文

カテゴリー:主要

【知事選】県の針路考える機会に(10月2日)

 任期満了に伴う知事選は現職、新人二人による選挙戦の構図がほぼ固まった。二〇二二年までの次の任期は重要課題が山積する。未曽有の災禍を越え、十年、二十年先の復興や県づくりを県民が共に考える機会にするべきだ。立候補に際しては公約や政策を具体的に示すよう求めた...[記事全文

カテゴリー:論説

現新3人の戦いか 町田氏立候補へ 知事選

 任期満了に伴い十一日告示、二十八日投票で行われる知事選で、共産党県委員会や県労連などで組織する「みんなで新しい県政をつくる会」は一日、共産党県委員長の町田和史氏(41)を擁立すると発表した。知事選には現職内堀雅雄氏(54)、自営業の新人金山屯(じゅん)...[記事全文

カテゴリー:主要

福島県知事選、確定は29日午前零時ごろ 県選管委まとめ

 県選管委は十月十一日告示、二十八日投票で行われる知事選の開票終了予定時刻などをまとめた。二十九日午前零時ごろ、全市町村の結果が確定する見通し。  各市町村の開票開始時刻と開票終了予定時刻は【表】の通り。開票終了は二〇一四(平成二十六)年の前回に...[記事全文

カテゴリー:主要