国内外のスポーツ

高校野球

九州高校野球は雨天中止

 来春の選抜高校野球大会の出場校選考で重要な資料となる秋季九州大会(第141回九州大会)は21日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で開会式のみ行われ、同球場などで予定されていた1、2回戦の計5試合は台風接近のため中止となった。[記事全文

カテゴリー:高校野球

高校野球秋季近畿大会は雨天中止

 来春の選抜高校野球大会の出場校選考で重要な資料となる秋季近畿大会は21日、大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで開幕し、1回戦3試合を行う予定だったが、雨天のため中止となった。22、23日は台風21号接近のため、開幕は24日に延期された。...[記事全文

カテゴリー:高校野球

田奈高野球部などが対外試合禁止

 日本学生野球協会は20日の審査室会議で高校12件の処分を決め、田奈(神奈川)は部員の部内いじめで9月12日から来年3月11日まで対外試合禁止となった。田辺(京都)は部員の部内暴力で10月11日から3カ月の対外試合禁止を科された。 児童買春...[記事全文

カテゴリー:高校野球

仙台育英の西巻らがプロ志望届

 日本高野連は2日、今夏の甲子園大会に出場し、U―18(18歳以下)ワールドカップでも活躍した仙台育英(宮城)の西巻賢二内野手、明徳義塾(高知)のスラッガー西浦颯大外野手らが新たにプロ志望届を提出したとホームページ上で公表した。[記事全文

カテゴリー:高校野球

高校生の清宮、安田がプロ志望届

 日本高野連は26日、高校野球で歴代最多とされる通算111本塁打を記録した屈指の強打者、早実(東京)の清宮幸太郎、今春の選抜大会で履正社(大阪)の準優勝に貢献した安田尚憲両内野手らが新たにプロ志望届を提出したとホームページ上で公表した。 「...[記事全文

カテゴリー:高校野球

早実の清宮がプロ志望届提出

 高校野球で歴代最多とされる通算111本塁打を記録した屈指の強打者、早実(東京)の清宮幸太郎内野手(18)が25日、東京都高野連にプロ野球志望届を提出した。同校が発表した。 卒業後の進路が注目された清宮は22日の記者会見でプロ志望を表明。「...[記事全文

カテゴリー:高校野球

笑顔の早実和泉監督

 高校野球界屈指の強打者、東京・早実の清宮幸太郎がプロ志望を表明したことを受けて、アマチュア球界からは激励や落胆の声が上がった。 早実の和泉実監督は「決断に関しては尊重して受け入れようと思っていた。一ファンとして彼を送り出してあげたいという...[記事全文

カテゴリー:高校野球

履正社の安田もプロ表明

 今春の選抜高校野球大会で準優勝した履正社(大阪)の大型スラッガー、安田尚憲内野手が22日、大阪府茨木市内で記者会見し、プロ志望を正式表明した。「子どもの頃からの夢をかなえるためにプロ志望届を提出します。プレーも人間的にも素晴らしい松井秀喜さんのような選...[記事全文

カテゴリー:高校野球

清宮のプロ志望表明、APも打電

 高校野球で歴代最多とされる通算111本塁打を放った東京・早稲田実業高の清宮幸太郎選手が22日にプロ志望を表明したことをAP通信も本人の談話入りで打電した。 若きスラッガーが日本のプロ野球だけでなく米大リーグのスカウトの興味も引きつけたとし...[記事全文

カテゴリー:高校野球

「夢はメジャーで活躍すること」

 清宮幸太郎の話 プロ野球で活躍したいと小さい頃から思っていた。自分の夢はメジャーで活躍すること。プロの世界は厳しいし、簡単に口にできないが、日本でずばぬけた活躍をしたい。早実の先輩、王貞治さんの(本塁打)868本を目指せる選手になりたい。[記事全文

カテゴリー:高校野球