国内外のスポーツ

大リーグ

ヤ軍がパクストンを獲得

 米大リーグ、ヤンキースは19日、マリナーズからトレードで先発左腕パクストンを獲得したと発表した。マリナーズには左腕シェフィールドとマイナー選手2人が移る。 カナダ出身で30歳のパクストンは150キロ台の速球とカーブを駆使する本格派。5月の...[記事全文

カテゴリー:大リーグ

米野球、リベラ氏ら20人新候補

 【ロサンゼルス共同】全米野球記者協会は19日、2019年の米国野球殿堂入りの候補者35人を発表し、ヤンキース一筋で歴代最多の通算652セーブをマークしたマリアノ・リベラ氏や、ブルージェイズとフィリーズで2度のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に輝くなど通算...[記事全文

カテゴリー:大リーグ

西武の菊池「具体的な話できた」

 ポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する西武の菊池雄星投手が19日、代理人のスコット・ボラス氏との打ち合わせなどのために滞在していた米国から成田空港に帰国した。「今回の目的はしっかり今後のプランをつくって、考え方を擦り合わせていくことだった。...[記事全文

カテゴリー:大リーグ

大谷翔平の新人王Tシャツ販売

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスは16日、大谷翔平(24)のア・リーグの最優秀新人(新人王)受賞を記念し、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアム内でTシャツの販売を開始したと発表した。赤を基調とし、胸にはバットを振り切った瞬間の写真がプリントさ...[記事全文

カテゴリー:大リーグ

五輪派遣「可能な限りサポート」

 【アトランタ共同】米大リーグ機構のマンフレッド・コミッショナーは15日、アトランタで取材に応じ、野球が競技復帰する2020年東京五輪の選手派遣基準を「まだ正式に決まったことは何もない」とした上で「東京五輪が素晴らしい大会になるよう、可能な限りサポートで...[記事全文

カテゴリー:大リーグ

大リーグコミッショナー任期延長

 【アトランタ共同】米大リーグのオーナー会議が15日、アトランタで行われ、マンフレッド・コミッショナーの2024年までの任期延長を決めた。15年に5年間の任期で就任し、2期目が確約された同コミッショナーは記者会見で「大リーグと野球の発展に努めたい」と抱負...[記事全文

カテゴリー:大リーグ

デグロムがサイ・ヤング賞

 【ロサンゼルス共同】米大リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)が14日に発表され、ナ・リーグでメッツのデグロムが先発投手としては史上最少の10勝で初受賞した。ア・リーグはレイズの先発左腕スネルが初選出された。 デグロムは30歳の本格派で、...[記事全文

カテゴリー:大リーグ

Rソックス、コーラ監督契約延長

 米大リーグのレッドソックスは14日、コーラ監督との契約を2021年まで延長すると発表した。22年は球団に選択権がある。当初は20年までの契約だったが、就任1年目の今季にワールドシリーズを制覇した手腕を評価した。(共同)[記事全文

カテゴリー:大リーグ

メルビン監督らが受賞

 【ニューヨーク共同】米大リーグの最優秀監督賞が13日に発表され、ア・リーグはアスレチックスのメルビン監督が3度目の選出で、ナ・リーグはブレーブスのスニトカー監督が初受賞した。 メルビン監督は低予算の球団をプレーオフに導いた手腕が評価された...[記事全文

カテゴリー:大リーグ

ヤンキース地元紙も大谷を称賛

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平がア・リーグ新人王に輝いてから一夜明けた13日、受賞を争ったヤンキース勢の地元紙も大谷をたたえた。ニューヨーク・デーリーニューズ紙は名前の翔平をもじり「ショー(の主役)を奪った」との見出しを付けた。[記事全文

カテゴリー:大リーグ