国内外のスポーツ

プロ野球

中11―5D(16日)

 中日が六回まで毎回の11得点。平田が一回に先頭打者本塁打、二回に2点二塁打を放つなどサイクル安打を達成。高橋も2ランなど4安打3打点と活躍した。松坂は6回3失点で5勝目。DeNAは投手陣が総崩れだった。[記事全文

カテゴリー:プロ野球

日2―6ロ(16日)

 ロッテは0―2の三回に平沢の2点二塁打と藤岡の適時三塁打などで4点を挙げて逆転した。2年目の土肥が六回途中まで2失点でプロ初勝利を挙げた。日本ハムは中田の2ランで先制したが、移籍後初登板だった先発の藤岡が崩れた。[記事全文

カテゴリー:プロ野球

ソ2―3楽(16日)

 楽天が接戦を制した。1―2の六回に銀次の適時打、今江の犠飛で逆転した。先発の藤平は7回1/3を投げ、6安打2失点(自責点1)で3勝目。その後は3投手の継投で1点リードを守り切った。ソフトバンクは連勝が3で止まった。[記事全文

カテゴリー:プロ野球

ヤ7―0巨(16日)

 ヤクルトが2位に浮上した。一回に雄平の2点打で先制し、四回に原、青木の適時打と山田哲の2点打で4点を奪い差を広げた。原は4安打無四球の12三振でプロ初完封を飾り4勝目。巨人は山口俊が4回6失点と崩れ3位に転落した。[記事全文

カテゴリー:プロ野球

中日の平田がサイクル安打

 中日の平田良介(30)外野手が16日、ナゴヤドームで行われたDeNA20回戦でサイクル安打を達成した。プロ野球史上73度目(68人)、セ・リーグでは38度目(35人)。今季はソフトバンクの柳田悠岐、ヤクルトの山田哲人、DeNAの桑原将志に続いて4人目。...[記事全文

カテゴリー:プロ野球

17日の予告先発

 ◇セ・リーグ巨人・メルセデス―中日・笠原(東京ドーム)ヤクルト・ブキャナン―阪神・秋山(神宮)DeNA・東―広島・野村(横浜) ◇パ・リーグ楽天・塩見―ロッテ・二木(楽天生命パーク宮...[記事全文

カテゴリー:プロ野球

ソフトB内川、今季2度目の離脱

 ソフトバンクの内川聖一内野手が16日、出場選手登録を外れた。工藤監督は「疲労性の体調不良。当分は回復させる時間をつくりたい」と神妙な面持ちだった。15日の楽天戦を欠場し、試合前の打撃練習もしていなかった。36歳の主将は今季2度目の離脱となった。...[記事全文

カテゴリー:プロ野球

神4―6広(15日)

 広島が60勝に達し、優勝へのマジックナンバー32を点灯させた。三回に丸の二塁打と鈴木の2ランで3点先取。3―2の四回に押し出し四球を選んだ丸が六回は二塁打で加点した。九里が6勝目。才木が崩れた阪神は反撃も及ばなかった。[記事全文

カテゴリー:プロ野球

広島に優勝マジック「32」

 セ・リーグは15日、首位広島が自力優勝の可能性が残っていた阪神を6―4で下し、球団初のリーグ3連覇を狙う広島に優勝へのマジックナンバーが「32」で両リーグを通じて今季初めて点灯した。 広島は残り42試合で阪神との9試合に全敗しても32勝す...[記事全文

カテゴリー:プロ野球

ヤ5―11巨(15日)

 巨人が2位に浮上した。二回に亀井の2ランで先制し、三回に岡本の22号2ラン、七回に代打大城の適時二塁打など5長短打で4点を加点し差を広げた。吉川光が六回途中2失点で6勝目。ヤクルトは連勝が3で止まり3位に転落した。[記事全文

カテゴリー:プロ野球