国内外のスポーツ

相撲

横審、優勝稀勢の里関を絶賛

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は27日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、大相撲春場所で左肩付近を負傷しながら劇的な逆転優勝を果たした横綱稀勢の里関を絶賛する声が相次いだ。 北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は記...[記事全文

カテゴリー:相撲

大相撲、まわし垂れ「反則」誤審

 大相撲春場所千秋楽の26日、三段目の取組で審判団が勝負判断を誤った。西山(尾上部屋)の緩んだまわしの前の部分が垂れて土俵につき、審判団は西山の反則負けとした。しかし、勝負規定には「前の垂れが砂についても負けとならない」とあり、誤審となった。勝負は翠富士...[記事全文

カテゴリー:相撲

琴奨菊、大関復帰を逃す

 大相撲春場所14日目の25日、今場所で関脇へ転落した元大関の琴奨菊(33)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が大関照ノ富士にはたき込みで敗れて6敗目を喫し、大関復帰に必要な10勝に届かず、1場所での返り咲きを逃した。 琴奨菊は昨年...[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢の里、左肩付近を負傷

 大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で行われた大相撲春場所13日目の24日、注目の新横綱稀勢の里関(30)が日馬富士関との横綱同士による一番で今場所の初黒星を喫した。その際に左肩付近を負傷し、救急車で大阪市内の病院へ運ばれた。 横綱鶴竜関...[記事全文

カテゴリー:主要

元十両の阿炎が幕下優勝

 大相撲春場所13日目の24日、幕下はただ一人6連勝だった元十両で22歳の阿炎(埼玉県出身、錣山部屋)が勝ち、7戦全勝として優勝した。 三段目は玉金剛(茨城県出身、片男波部屋)が7戦全勝で制覇。序ノ口は新弟子検査受検の年齢制限を25歳未満に...[記事全文

カテゴリー:相撲

大相撲の幕内荒鷲が休場

 大相撲の西前頭4枚目の荒鷲(30)=本名エレヘバヤル・ドゥルゴーン、モンゴル出身、峰崎部屋=が春場所13日目の24日、休場した。9敗目を喫した12日目の横綱稀勢の里戦で左足首周辺を痛めていた。 荒鷲の休場は三段目時代の2007年九州場所以...[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢の里、12連勝で首位守る

 大相撲春場所12日目(23日・エディオンアリーナ大阪)新横綱稀勢の里は平幕荒鷲を寄り切り、初日から無傷の12連勝で単独首位を守った。 大関照ノ富士は遠藤を浴びせ倒して1敗をキープしたが、関脇高安は横綱日馬富士に小股すくいで敗れ、平幕栃煌山...[記事全文

カテゴリー:相撲

新横綱・稀勢の里が単独首位

 大相撲春場所11日目(22日・エディオンアリーナ大阪)新横綱稀勢の里は嘉風に苦戦しながら送り出して11戦全勝。関脇高安が横綱鶴竜に上手出し投げで敗れて初黒星を喫したため、稀勢の里が単独首位に立った。鶴竜は勝ち越し。 大関照ノ富士は荒鷲を上...[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢の里、高安が10連勝

 大相撲春場所10日目(21日・エディオンアリーナ大阪)新横綱稀勢の里は関脇玉鷲を寄り切り、初日から10連勝とした。同じ田子ノ浦部屋の関脇高安も貴ノ岩をはたき込み10戦全勝。同部屋の2力士が初日から10連勝するのは、2004年春場所の朝青龍、朝赤龍の高砂...[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢、高安が9連勝

 大相撲春場所9日目(20日・エディオンアリーナ大阪)新横綱稀勢の里は関脇琴奨菊を突き落とし、9戦全勝とした。関脇高安も豪風をはたき込み勝ちっ放し。大関照ノ富士は勢を寄り切って勝ち越し、4度目のかど番を脱出した。 横綱鶴竜は宝富士を寄り切っ...[記事全文

カテゴリー:相撲