国内外のスポーツ

相撲

新十両の翔猿に化粧まわし

 大相撲名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の新十両で岩崎改め翔猿(東京都出身、追手風部屋)が22日、さいたま市にある母校の埼玉栄高を訪問し、化粧まわしを贈呈された。大関豪栄道ら先輩関取と同じくオレンジ色を基調としており「本当にうれしい。力士になって...[記事全文

カテゴリー:相撲

横綱稀勢の里「いい具合」

 大相撲の横綱稀勢の里が21日、千葉県習志野市の阿武松部屋に出稽古し、名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)に向けた名古屋入り前の稽古を終えた。5月の夏場所を左上腕付近の負傷のために途中休場した横綱は「いい具合で名古屋に入れる。体をしっかりつくることが...[記事全文

カテゴリー:相撲

貴乃花巡業部長、渋谷でPR

 日本相撲協会の貴乃花巡業部長(元横綱)が19日、夏巡業の一環で8月8日に東京都渋谷区の青山学院大内で実施する「渋谷青山学院場所」に向け、同区の長谷部健区長を表敬訪問した。同部長は「渋谷には(角界と)縁の深い明治神宮もある。力士たちは奮闘してくれると思う...[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢の里、調整のペース上げる

 大相撲の横綱稀勢の里は17日、千葉県習志野市の阿武松部屋へ2日ぶりに出稽古し、新鋭の幕内阿武咲と27番続けて取って22勝5敗だった。左上腕付近の負傷で途中休場の夏場所から名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)へ向け、調整のペースが上がってきた。[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢の里、高安と久々に稽古

 左上腕付近の負傷により大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が16日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で新大関高安と続けて13番取った。稽古場で高安とぶつかり合うのはけがをした3月の春場所前以来となり、再起を目指す名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)へ...[記事全文

カテゴリー:相撲

横綱稀勢の里、休場後初の出稽古

 左上腕などの負傷で5月の大相撲夏場所を途中休場した横綱稀勢の里が15日、千葉県習志野市の阿武松部屋で休場後初の出稽古を行い、20歳で新鋭の幕内阿武咲と15番取った。関取と相撲を取るのも夏場所後は初めてで「いいんじゃないですか」と明るい表情だった。[記事全文

カテゴリー:相撲

新友綱親方が本格指導開始

 大相撲の友綱部屋を11日付で継承し、モンゴル出身初の師匠となった元関脇旭天鵬の友綱親方が13日、東京都墨田区の同部屋で本格的な指導を始めた。42歳の新米師匠は「力士の個性をうまく見極めて教えていきたい」と表情を引き締めた。 師匠の定位置と...[記事全文

カテゴリー:相撲

横綱鶴竜に第2子の長男誕生

 大相撲の横綱鶴竜が11日、第2子となる長男が5月22日に誕生したことを明らかにした。 5月の夏場所を左足首の負傷で途中休場した。四股やすり足を再開しており「だいぶ良くなった。落ち込んでいられない。(子供が生まれ)休場している場合じゃない。...[記事全文

カテゴリー:相撲

先代友綱親方の定年祝う

 12日に日本相撲協会の定年となる65歳の誕生日を迎える先代友綱親方の大島親方(元関脇魁輝)のお祝いと、11日付で友綱部屋を継承した元関脇旭天鵬の「友綱」襲名披露が11日、東京都内のホテルで開かれ、八角理事長(元横綱北勝海)や横綱白鵬ら約800人が出席し...[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢の里、水戸で土俵入り披露

 大相撲の横綱稀勢の里が11日、水戸市にある常陸山の像の前で土俵入りを行い、同じ茨城県出身で第19代横綱として明治時代後期から大正初期に君臨した大先輩の前で力強い雲竜型を披露した。 この日は田子ノ浦部屋の弟弟子で同郷に当たる新大関高安を太刀...[記事全文

カテゴリー:相撲