国内外のスポーツ

相撲

夏場所の土俵祭りを実施

 大相撲夏場所の初日を翌日に控えた12日、東京・両国国技館で土俵祭りが行われ、鶴竜、白鵬の2横綱や大関とりに挑む関脇栃ノ心ら三役以上の力士、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席して15日間の安全を祈願した。 1月の初場所で平幕優...[記事全文

カテゴリー:相撲

夏場所の懸賞申し込み2200本

 日本相撲協会は11日、大相撲夏場所(13日初日・両国国技館)の15日間の懸賞本数について、11日時点で申し込みが過去最高を上回る2200本に達したと発表した。これまでの記録は昨年夏場所の2153本。 協会担当者によると、横綱稀勢の里の休場...[記事全文

カテゴリー:相撲

大関高安、途中出場目指し稽古

 左上腕のけがのため、大相撲夏場所(13日初日・両国国技館)を初日から休場する大関高安が11日、途中出場を目指し東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古を行った。稽古前に「初日から出たいと思ってはいた。相撲を取れる状況になれば出たい気持ちはある」と述べ、すり足...[記事全文

カテゴリー:相撲

貴乃花親方、審判で初仕事

 日本相撲協会元理事で、3月29日に年寄へ降格した貴乃花親方(元横綱)が11日、東京・両国国技館で開かれた大相撲夏場所(13日初日・両国国技館)の取組編成会議に出席し、新たな役職の審判として初仕事に臨んだ。 「年寄」は親方衆の序列で、再雇用...[記事全文

カテゴリー:相撲

元幕内大岩戸が現役引退

 大相撲の元幕内で西幕下23枚目の大岩戸(36)=本名上林義之、山形県出身、八角部屋=が11日、日本相撲協会に引退届を提出し、東京・両国国技館で記者会見した。会見では戦後最年長の36歳で幕下優勝した昨年夏場所を土俵人生の思い出に挙げ「この世界に入って賞を...[記事全文

カテゴリー:相撲

白鵬、初日は玉鷲

 日本相撲協会は11日、大相撲夏場所(13日初日・両国国技館)の取組編成会議を開き、2日目までの取組を決めた。自身初の2場所連続休場からの復活を目指す横綱白鵬は初日に平幕玉鷲、2日目は小結御嶽海の挑戦を受ける。2場所連続優勝を狙う横綱鶴竜は初日に新小結の...[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢の里、出場可否は今後結論

 大相撲夏場所(13日初日・両国国技館)の出場が危ぶまれている横綱稀勢の里について、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は10日、出場の可否について今後本人と話し合い、11日午前の取組編成会議までに結論を出すことを明らかにした。 10日の朝稽...[記事全文

カテゴリー:相撲

大相撲、稀勢は夏場所出場厳しく

 大相撲で左大胸筋などのけがのため6場所連続休場中の横綱稀勢の里は9日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で調整するにとどまった。稽古のペースは上がっておらず、夏場所(13日初日・両国国技館)出場が厳しい状況となった。 稀勢の里は土俵の外で弟弟子...[記事全文

カテゴリー:相撲

角界の暴力事例存在を示唆

 日本相撲協会の第三者機関、暴力問題再発防止検討委員会の但木敬一委員長(元検事総長)が8日、東京都墨田区の両国国技館で第1回中間報告として記者会見を開き、過去の暴力事例に関する力士ら約千人の協会員からの聞き取りについて「全然ありませんでしたというわけでは...[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢の里、夏場所出場厳しさ増す

 大相撲で左大胸筋などのけがのため6場所連続休場中の横綱稀勢の里は8日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で行われた二所ノ関一門による連合稽古で、元大関の平幕琴奨菊に6勝10敗と精彩を欠き、夏場所(13日初日・両国国技館)の出場に厳しさが増した。 ...[記事全文

カテゴリー:相撲