国内外のスポーツ

相撲

稀勢の里関ら横綱土俵入り、仙台

 大相撲の稀勢の里関と鶴竜関の2横綱が13日、東日本大震災からの復興を祈願し、仙台市若林区にある復興公営住宅の荒井東市営住宅で横綱土俵入りを披露した。 見物した約550人の拍手を受けた稀勢の里関は「(当時は)相当ひどい状況だったと思う。少し...[記事全文

カテゴリー:相撲

右膝痛の白鵬、手術を回避

 大相撲の夏巡業は12日、仙台市で行われ、右膝痛を抱える横綱白鵬が手術を回避したことを明らかにした。投薬治療で様子を見る意向で「爆弾を抱えているのは間違いない。ただ、そんなに(動かすのが)邪魔なところではない。今日より明日という感じでやっていければいい」...[記事全文

カテゴリー:相撲

日大、田中氏の相撲部総監督解任

 アメリカンフットボール部の悪質な反則問題の再発防止策の一環で、理事らが運動部の監督やコーチを兼職することを禁止した日本大は10日、田中英寿理事長を相撲部の総監督から解任したと発表した。陸上部の特別長距離部門の部長も外れた。 大塚吉兵衛学長...[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢の里「活躍できるように」

 大相撲の夏巡業が9日、茨城県龍ケ崎市で行われ、8場所連続休場中で同市の小、中学校に通った横綱稀勢の里が復活へ思いを語った。始まるまで1カ月となった秋場所(9月9日初日・両国国技館)に向け「また活躍できるように頑張りたい」と表情を引き締めた。[記事全文

カテゴリー:相撲

横綱白鵬が精密検査で巡業離脱

 右膝痛などで7月の大相撲名古屋場所を途中休場した横綱白鵬が8日、夏巡業の一時離脱を決めた。東京都渋谷区の青山学院記念館で行われた興行後に「膝をもう一度チェックする。申し訳ないが、巡業にはまた戻ってきたい」と明言した。 白鵬は7月29日から...[記事全文

カテゴリー:相撲

御嶽海関に特別栄誉賞

 長野県は8日、大相撲名古屋場所で初優勝した同県上松町出身の関脇御嶽海関にスポーツ特別栄誉賞を授与すると発表した。 同賞は県民栄誉賞に次ぐ賞で、これまでに平昌冬季五輪ノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部暁斗選手ら県...[記事全文

カテゴリー:相撲

御嶽海、故郷長野で6千人の祝福

 大相撲の夏巡業が5日、長野市内で実施され、名古屋場所で初優勝した長野県上松町出身の関脇御嶽海が約6千人の来場者から祝福を受けた。「大勢の人に『優勝おめでとう』と声を掛けていただいて、大変うれしい。恩返しできるように頑張りたい」と故郷で意欲を新たにした。...[記事全文

カテゴリー:相撲

大相撲、1時間余りで前売り完売

 日本相撲協会は4日、大相撲秋場所(9月9日初日・両国国技館)の前売り券販売を午前10時に開始し、約1時間10分で15日間分を完売したと発表した。入場券完売を意味する「満員札止め」は、1月の初場所から5場所連続の全日程を記録することが濃厚。7月の名古屋場...[記事全文

カテゴリー:相撲

鈴木五輪相が相撲協会と意見交換

 鈴木俊一五輪相は2日午前、東京都墨田区の両国国技館を訪問し、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らと意見交換を行った。 鈴木五輪相は2020年東京五輪の開催機運醸成を目的とし、昨年まで2年連続で開いている「大相撲beyond2020場...[記事全文

カテゴリー:相撲

大関栃ノ心が稽古を再開

 新大関で臨んだ大相撲名古屋場所を右足親指負傷で途中休場した栃ノ心が31日、東京都墨田区の春日野部屋で稽古を再開した。ゆっくりと四股を踏み、患部の感覚を確かめるように土俵の中を歩いた。腫れは引いてきており「力を入れるとまだ痛みはあるけど、少しずつ良くなっ...[記事全文

カテゴリー:相撲