国内外のスポーツ

相撲

横綱稀勢の里「一日一日大事に」

 左大胸筋痛などで8場所連続休場し再起を目指す大相撲の横綱稀勢の里が30日、夏巡業が行われた大津市のウカルちゃんアリーナで取材に応じ「しっかり一日一日大事にしていきたい。責任を全うしたい」と意気込みを口にした。32歳の横綱が公の場で発言するのは、名古屋場...[記事全文

カテゴリー:相撲

夏巡業、稀勢の里は鶴竜下す

 大相撲の夏巡業が29日、岐阜県大垣市で始まり、3横綱は土俵に上がって稽古をすることはなかった。左大胸筋痛などで8場所続けて休場した横綱稀勢の里は昨年の秋巡業以来となる初日からの参加で、四股やすり足などで調整。取組では横綱鶴竜と対戦し、寄り切って勝った。...[記事全文

カテゴリー:相撲

栃心、高安が夏巡業休場

 日本相撲協会の花籠巡業部副部長(元関脇太寿山)は25日、大相撲名古屋場所を右足親指の負傷で途中休場した栃ノ心と高安の両大関が29日から始まる夏巡業を当面は休場することを明らかにした。高安について、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は左肘の故障を理由に挙...[記事全文

カテゴリー:相撲

常幸龍、白鷹山ら4人が十両復帰

 日本相撲協会は25日、名古屋市のドルフィンズアリーナで大相撲秋場所(9月9日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、元小結の常幸龍(29)=本名佐久間貴之、東京都出身、木瀬部屋=ら4人の十両復帰を決めた。常幸龍は14場所ぶりの返り咲き。 ...[記事全文

カテゴリー:相撲

横審委員、稀勢の里関に期待

 8場所連続休場中の横綱稀勢の里関に横綱審議委員会の会合後、委員から9月の秋場所での再起を望む声が上がった。 山内昌之委員(東大名誉教授)は、稀勢の里関が夏巡業初日から参加する意向であることを受け「巡業を通して回復して、(秋場所の)土俵に上...[記事全文

カテゴリー:相撲

稀勢の里関に「激励」決議せず

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)が23日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、8場所連続休場中の横綱稀勢の里関について、秋場所(9月9日初日・国技館)に進退を懸ける覚悟を示している本人の意思を尊重し、「激励」などの決議は行わなかった...[記事全文

カテゴリー:相撲

部屋OB石山氏、御嶽海Vに期待

 日本相撲協会の武蔵川元理事長(元横綱三重ノ海)で相撲博物館長の石山五郎氏(70)が23日、大相撲名古屋場所で自身以来38年ぶりに出羽海部屋の力士として優勝を果たした関脇御嶽海について「(自分も)出羽海部屋で育った人間だから、うれしい。どんどん稽古をして...[記事全文

カテゴリー:相撲

大相撲、貴ノ岩が2度目の十両V

 大相撲名古屋場所千秋楽の22日、十両は元幕内貴ノ岩(モンゴル出身、貴乃花部屋)が13勝2敗で並んだ隆の勝(千葉県出身、千賀ノ浦部屋)との優勝決定戦を制し、2013年以来2度目の優勝を果たした。 貴ノ岩は昨秋の元横綱日馬富士による傷害事件の...[記事全文

カテゴリー:相撲

関脇御嶽海、初Vに涙

 こらえていた感情が、自然と湧いて出た。名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で21日に行われた大相撲名古屋場所14日目で、関脇御嶽海(25)が初優勝を決めた。「なかなか経験できないことを、経験できてよかった」とすすり泣いた。 ...[記事全文

カテゴリー:相撲

御嶽初制覇、13勝1敗

 大相撲名古屋場所14日目(21日・ドルフィンズアリーナ)単独トップの関脇御嶽海が平幕栃煌山を寄り切り、13勝1敗で初優勝を飾った。関脇の優勝は2015年夏場所の照ノ富士以来3年ぶり、日本勢の制覇は昨年春場所の横綱稀勢の里以来8場所ぶりとなった。...[記事全文

カテゴリー:相撲