国内外のスポーツ

国際大会

五輪組織委が責任否定

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、競技会場を抜本的に見直すとした東京都の調査チームの提案で、大会の開催経費が3兆円を超える可能性が指摘されたことについて「膨らむのは組織委の責任という意見があるが、そもそも(7340億円と試算した)立...[記事全文

カテゴリー:国際大会

ボート会場、現計画維持を要望

 日本ボート協会は30日、東京都内で理事会を開き、2020年東京五輪・パラリンピックのボート会場を、予定されている「海の森水上競技場」から変更しないよう東京都などに求めていくことを確認した。開催費用などを検証する東京都の調査チームが29日に同競技場を含む...[記事全文

カテゴリー:国際大会

パラ辻選手、女性コーチ増を要望

 リオデジャネイロ・パラリンピックのメダリスト10人が30日、松野博一文部科学相に大会の報告に訪れ、陸上女子400メートル(切断などT47)銅メダルの辻沙絵選手(日体大)は訪問後、「リオでは女子のコーチやスタッフが不足していた。着替える時に手伝ってほしい...[記事全文

カテゴリー:国際大会

新国立、民営化後も一定の制約

 総工費約1490億円の工事契約を近く結ぶ方針を了承した30日の、政府の新国立競技場の関係閣僚会議で、2020年東京五輪・パラリンピック終了後の利用、運営についての検討状況も報告された。政府は既に民営化の方針を固めているが、建設に多額の税金が投入されるス...[記事全文

カテゴリー:国際大会

王氏が組織委理事就任へ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、東京都内で理事会を開き、野球・ソフトボールなど追加種目に決まった5競技を代表する立場として、プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長を新理事にすることを決めた。遠藤利明前五輪相の理事復帰とともに評議員会...[記事全文

カテゴリー:国際大会

31の国・地域が参加意向

 来年2月に開催される札幌冬季アジア大会の組織委員会は29日、計31の国と地域が大会に参加する意向を表明したと発表した。 組織委によると、参加意向を表明したのは韓国や中国、インド、フィリピンなどで、選手・役員計約2千人の参加を見込んでいる。...[記事全文

カテゴリー:国際大会

森氏、再見直し「極めて難しい」

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は29日、開催費用などを検証する東京都の調査チームによる3競技会場の抜本的見直し案について、同日の調整会議で小池百合子知事に「国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で決まっていることをひっくり返...[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪組織委の新理事に王貞治氏

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の新たな理事に、プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長が就任することが29日、分かった。組織委の森喜朗会長が明らかにしたもので、王氏は東京五輪の追加種目に決まった野球・ソフトボールなど5競技を代表する立場として...[記事全文

カテゴリー:国際大会

バレー男子日本、台湾下し3位

 バレーボール男子のアジア・カップは28日、タイのナコンパトムで行われ、3位決定戦で日本は台湾を3―1で下した。(共同)[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪ボクシングで賭け行為

 【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)は28日、リオデジャネイロ五輪のボクシングで賭け行為をしたとして、男子バンタム級のマイケル・コンラン(アイルランド)ら3選手に厳重注意処分を科したと発表した。八百長行為はなかったとした。2020年東京五輪...[記事全文

カテゴリー:国際大会