国内外のスポーツ

国際大会

来季W杯、日本開催見送りか

 ノルディックスキー・ジャンプ男子のワールドカップ(W杯)が来季は日本で開催されない可能性が高いことが21日、全日本スキー連盟(SAJ)関係者への取材で分かった。当初は来年2月上旬に札幌市で2試合を予定していたが、欧州各国が同9日開幕の平昌冬季五輪直前の...[記事全文

カテゴリー:国際大会

東京五輪事前合宿で英国と契約

 慶応大と横浜市、川崎市は21日、2020年東京五輪の事前キャンプ受け入れについて、英国オリンピック委員会(BOA)と契約を締結した。 BOAのヒュー・ロバートソン委員長は慶応大日吉キャンパスで開かれた締結式で「英国選手のために世界クラスの...[記事全文

カテゴリー:国際大会

平昌パラテスト大会終了

 【平昌共同】冬季パラリンピックの1年前に合わせて韓国北東部の平昌などで開催された各競技のテスト大会が18日までに終了した。アルペンスキーが行われる山間部への移動や会場のバリアフリー対策などで課題が見つかる一方、障害のある選手を支える韓国のボランティアの...[記事全文

カテゴリー:国際大会

IOC「素晴らしい五輪を期待」

 【ジュネーブ共同】2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長は20日、ゴルフ会場の霞ケ関CCが女性正会員を認めたことを受けて「男女平等は五輪運動の基本原則で(改革指針の)アジェンダ2020の重要な一部。これ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

HP世界女王の小野塚帰国

 フリースタイルスキーの世界選手権(シエラネバダ=スペイン)ハーフパイプ(HP)で日本勢初の金メダルを獲得した女子の小野塚彩那(石打丸山ク)が20日、成田空港に帰国し「自分の熱は次に向いている。もう来シーズンは始まっている」と1年後の平昌冬季五輪を見据え...[記事全文

カテゴリー:国際大会

世界選手権、川内「メダル狙う」

 陸上の世界選手権(8月・ロンドン)男女マラソン代表の計6人が20日、東京都内に集まって抱負を語り、男子で3度目の出場となる30歳の川内優輝(埼玉県庁)は日本代表として最後のレースと位置付け「経験を生かして、日本代表としての全てを燃やし尽くす。メダルを狙...[記事全文

カテゴリー:国際大会

フィギュアの本田真凜が帰国

 台北で開催されたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権の女子で2位に入った本田真凜(大阪・関大中)が20日、関西空港に帰国した。 日本勢初の2連覇は成らなかったが、合計200点を超えた。「達成感はすごくある。来年の今ごろは、今回みたいな演...[記事全文

カテゴリー:国際大会

フィギュア宮原が世界選手権欠場

 日本スケート連盟は20日、フィギュアスケート女子のエース、宮原知子(関大)が左股関節のけがの影響で29日開幕の世界選手権(ヘルシンキ)を欠場すると発表した。世界選手権には来季の平昌冬季五輪の国別出場枠が懸かっており、日本女子は最大の3枠獲得へ厳しい状況...[記事全文

カテゴリー:国際大会

スノボ女子、鬼塚雅が帰国

 スノーボード女子で18歳の鬼塚雅(フリー)が19日、世界選手権(スペイン)を終え成田空港に帰国した。スロープスタイルで銅メダルを獲得したものの2連覇を逃し「もう1回、金メダルを取りたかった。悔しい」と満足はしていなかった。 前回王者のゼッ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

フィギュア2位本田「悔いない」

 【台北共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権女子で2位の本田真凜(大阪・関大中)、3位の坂本花織(神戸FSC)らが一夜明けた19日、台北で取材に応じた。15歳の本田は日本勢初の2連覇を逃したものの、ジュニアで史上2人目の合計200点超えを果たし「...[記事全文

カテゴリー:国際大会