国内外のスポーツ

国際大会

柔道世界Jr、斉藤は2回戦敗退

 柔道の世界ジュニア選手権は20日、バハマのナッソーで行われ、男子は五輪2大会連続覇者の故斉藤仁氏の次男で100キロ超級の斉藤立(東京・国士舘高)が2回戦で優勝したジョージア選手に一本負けし、敗退した。100キロ級は関根聖隆(筑波大)が制した。[記事全文

カテゴリー:国際大会

5千個の灯籠でラグビーW杯PR

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の開催地、福岡市のJR博多駅前広場に20日、灯籠でかたどられた大会公式マスコット「レンジー」が出現。4年に1度の大イベントを見に来てほしいという、関係者の切実な願いが込められた光を人々は足を止めて見つめた。[記事全文

カテゴリー:国際大会

体操、内村ら男子は軽めの調整

 【ドーハ共同】25日に開幕する体操の世界選手権の公式練習が20日、ドーハの練習会場で始まり、内村航平(リンガーハット)ら男子の日本代表はストレッチなど軽めの調整を行った。 日本協会の水鳥寿思男子強化本部長は、右足首に故障を抱える内村が22...[記事全文

カテゴリー:国際大会

柔道世界ジュニア、村尾らが2位

 柔道の世界ジュニア選手権は19日、バハマのナッソーで行われ、男子90キロ級で村尾三四郎(神奈川・桐蔭学園高)が2位、増山香補(明大)が3位だった。81キロ級の笠原大雅(天理大)は2位。 女子で70キロ級の新森涼(コマツ)は2位、63キロ級...[記事全文

カテゴリー:国際大会

夏季ユース五輪が閉幕

 【ブエノスアイレス共同】原則15~18歳を対象にした第3回夏季ユース五輪は18日、ブエノスアイレスの選手村で閉会式が行われ、13日間に及んだ大会が閉幕した。日本選手団は他国との混成チーム種目を含め、金16、銀14、銅14の計44個のメダルを獲得した。金...[記事全文

カテゴリー:国際大会

柔道、舟久保と武田が優勝

 柔道の世界ジュニア選手権は18日、バハマのナッソーで行われ、女子の57キロ級で舟久保遥香(三井住友海上)が2015年、17年に続く3度目の優勝を果たし、富沢佳奈(東海大)が3位だった。52キロ級は武田亮子(龍谷大)が制した。 男子の73キ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

ブリヂストンがパラ協賛

 ブリヂストンは18日、国際パラリンピック委員会(IPC)の最高位スポンサー「ワールドワイドパートナー」の契約を結んだと発表した。期間は2024年まで。日本企業ではパナソニック、トヨタ自動車に続き3社目で、計7社となる。ブリヂストンは既に国際オリンピック...[記事全文

カテゴリー:国際大会

バリアフリー協議会発足へ

 桜田義孝五輪相は18日、来日している国際パラリンピック委員会(IPC)のゴンザレス最高経営責任者(CEO)と会談し、パラリンピック選手も利用可能な施設として東京都北区に建設している第2ナショナルトレーニングセンター(NTC)の周辺駅や道路のバリアフリー...[記事全文

カテゴリー:国際大会

IOC委員就任の渡辺氏を理事に

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は18日、国際オリンピック委員会(IOC)委員に就任した国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長を組織委理事に加えたい意向を明らかにした。IOC委員就任を報告するため、訪れた渡辺氏に「組織委としては歓...[記事全文

カテゴリー:国際大会

IPC、車いす客室1%義務歓迎

 国際パラリンピック委員会(IPC)のゴンザレス最高経営責任者(CEO)は18日、2020年東京大会に向け、政府が客室総数50室以上のホテルなどを新増築する場合、車いす利用者用の客室の割合を1%以上とするよう義務付ける改正バリアフリー法施行令を閣議決定し...[記事全文

カテゴリー:国際大会