国内外のスポーツ

国際大会

サーフィン、女子は川合が優勝

 2020年東京五輪で初採用されるサーフィンの五輪会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で開催された国際大会の一宮千葉オープンで28日、女子は日本サーフィン連盟強化指定選手で16歳の川合美乃里が優勝した。 徳島県出身の川合はシニアのプロ大会では...[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪競歩コース、皇居周辺が有力

 2020年東京五輪で実施される陸上の競歩で、皇居周辺の内堀通りを往復するコース案が有力となっていることが26日、関係者への取材で分かった。国際陸連や関係機関の承認を経て、正式決定する見通し。 競歩では当初、メインスタジアムとなる新国立競技...[記事全文

カテゴリー:国際大会

有望選手、北海道など強化拠点に

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて全国から有望選手を発掘するスポーツ庁の「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト」で、公募していた対象競技種目の強化拠点が25日、発表され、五輪競技はラグビー7人制女子が北海道、ボートが埼玉県、重量挙げは山梨...[記事全文

カテゴリー:国際大会

新国立競技場、立体公園を縮小へ

 2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム、新国立競技場のデザインを手掛けた建築家の隈研吾氏は24日、競技場外側の立体公園の規模を一部、縮小する方針を明らかにした。圧迫感を軽減することなどが理由。提案を受けた日本スポーツ振興センター(JSC)...[記事全文

カテゴリー:国際大会

都外自治体も運営費負担へ

 2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担問題で、丸川珠代五輪相は24日、東京都外の会場の運営経費については開催自治体が一定の負担をする方向で、大筋合意したことを明らかにした。都と各自治体の間でほぼ調整がつき、大会組織委員会、政府を含めて合意した。3...[記事全文

カテゴリー:国際大会

聖火リレー、133日案

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が47都道府県全てを巡る聖火リレーの期間について、東日本大震災が起きた3月11日のすぐ後にスタートする形となる「133日」の日程案を出していることが23日、関係者への取材で分かった。3月11日は7月24日の五...[記事全文

カテゴリー:国際大会

サーフィン田中と小笠原2回戦へ

 【ビアリッツ(フランス)共同】2020年東京五輪の追加種目に決まったサーフィンで世界一を決めるワールドゲームズ第4日は23日、フランス南西部のビアリッツで行われ、男子1回戦で18歳の田中大貴が12・17点で26組1位となり、2回戦に進んだ。[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪費用分担案の内訳判明

 2020年東京五輪・パラリンピックの費用分担問題で、東京都が1兆3900億円と試算した大会総予算の分担案の内訳が23日、判明した。都外の自治体に求める400億円には警備費250億円などが含まれる。都は今月中の合意を目指しているが反発も予想され、分担額が...[記事全文

カテゴリー:国際大会

サーフィン大会、五輪効果で活況

 2020年東京五輪で初採用されるサーフィンの五輪会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で23日、一宮千葉オープンが開幕した。五輪会場に決まって以降初の国際大会で、昨年大会から倍増の約500人が訪れ、海岸線に並んで観戦。一宮町サーフィン業組合の鵜沢清永組合長...[記事全文

カテゴリー:国際大会

平昌五輪、日本は羽生ら金三つ

 スポーツデータの分析、提供を行う米グレースノート社は22日付で来年の平昌冬季五輪のメダル予測を発表し、日本の金メダルはフィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)、ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)、フリースタイルスキー・ハーフパイプ女...[記事全文

カテゴリー:国際大会