国内外のスポーツ

国際大会

アイススレッジH、日本は準V

 2018年平昌冬季パラリンピック最終予選出場を懸けたアイススレッジホッケーの世界選手権Bプール(2部相当)は3日、北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで決勝が行われ、日本はチェコに0―6で敗れ、準優勝だった。銀メダルに輝いた10年バンクーバー大会以来...[記事全文

カテゴリー:国際大会

卓球ジュニア男女とも準決勝進出

 【ケープタウン(南アフリカ)共同】18歳以下で争う卓球の世界ジュニア選手権は2日、南アフリカのケープタウンで団体の準々決勝が行われ、日本は男女ともに準決勝に進出した。女子は3―1でルーマニアを下し、男子は3―0で北朝鮮を退けた。 女子は伊...[記事全文

カテゴリー:国際大会

小池知事「国内で結論まとめる」

 東京都の小池百合子知事は2日の定例記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場計画見直しについて「バレーのためだけに(4者協議を)行うことは考えにくい。先に国内的にまとめていく」と述べ、大会組織委員会などと結論を出す考えを示した。[記事全文

カテゴリー:国際大会

福島の球場提案は先送り

 2020年東京五輪の追加種目、野球・ソフトボールの一部試合を福島県で実施する計画に関し、大会組織委員会の森喜朗会長は2日の記者会見で、6~8日の国際オリンピック委員会(IOC)理事会での承認を目指していた開催球場の提案を先送りする方針を明らかにした。候...[記事全文

カテゴリー:国際大会

重量挙げ、トルコ選手「銀」剥奪

 【ロンドン共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は1日、2008年北京五輪重量挙げ女子48キロ級2位のセビル・オズカン(トルコ)をドーピング違反で失格とした国際オリンピック委員会(IOC)の処分が確定したと発表した。今年7月に処分を下されたオズカンが取り消...[記事全文

カテゴリー:国際大会

バレー横浜案、新たな課題

 2020年東京五輪のバレーボール会場見直しで東京都が検討している「横浜アリーナ」(横浜市)を国際オリンピック委員会(IOC)が1日に視察し、放送用設備のスペースとして想定されるエリアが狭過ぎると指摘したことが関係者の話で分かった。小池百合子都知事が大幅...[記事全文

カテゴリー:国際大会

バレー会場見直し、イブ前に結論

 東京都の小池百合子知事は1日、都庁で報道陣の取材に応じ、2020年五輪・パラリンピックのバレーボール会場の見直しについて結論を出すのは「クリスマスイブの24日より前になる」と述べた。 バレーボール会場は11月29日の都、国際オリンピック委...[記事全文

カテゴリー:国際大会

森会長、有明アリーナ新設に期待

 2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会との第3回合同会議が1日、東京都内のホテルで始まり、大会組織委員会の森喜朗会長は冒頭のあいさつで、見直しが検討されているバレーボール会場について、現計画の「有明アリーナ」新...[記事全文

カテゴリー:国際大会

横浜市、アリーナ案に懸念

 2020年東京五輪のバレーボール会場見直しで東京都が横浜アリーナへの変更案を検討していることについて、横浜市が「競技団体、さらに国際オリンピック委員会(IOC)の意向が一致していることが重要」との文書を都に送付していたことが1日、分かった。[記事全文

カテゴリー:国際大会

北朝鮮がエントリー、入国検討か

 来年2月に開催される札幌冬季アジア大会の組織委員会は30日、北朝鮮からエントリーがあったことを明らかにした。日本政府は北朝鮮の核実験などを受け、独自制裁として北朝鮮籍保有者の入国を原則禁じている。組織委は「スポーツ庁など関係機関と対応を検討している。政...[記事全文

カテゴリー:国際大会