国内外のスポーツ

国際大会

五輪予算、1・35兆円を維持へ

 2020年東京五輪・パラリンピックの予算計画で、最新の第3版の予備費を除いた総額が1兆3500億円となる見通しであることが13日、分かった。昨年末に公表された第2版と同額を維持する。大会組織委員会は国際オリンピック委員会(IOC)の要請も踏まえ、コスト...[記事全文

カテゴリー:国際大会

世界短水路、200平で小関4位

 【杭州共同】25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権第3日は13日、中国の杭州で行われ、男子200メートル平泳ぎで小関也朱篤(ミキハウス)は2分2秒18の4位に終わり、3位に入った12日の100メートルに続くメダル獲得はならなかった。キリル・プロ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

クライミング、複合決勝は8人に

 国際スポーツクライミング連盟が五輪種目の複合について、決勝を従来の6人から8人に増やして争う方式に変更することが13日、分かった。今月上旬の理事会で決めた。幅広い国・地域の選手で決勝を争えるようにする狙いで、2020年東京五輪や東京都八王子市で来年8月...[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪メダル副賞に国産花束を検討

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、メダリストへの副賞として、国産の花束を採用する方向で検討していることが12日、分かった。同日、自民党の関係議員連盟の会合で報告された。国内関係団体からは東日本大震災の被災地の花を活用するよう求める声もあり...[記事全文

カテゴリー:国際大会

100平、小関が日本新で銅

 【杭州共同】25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権第2日は12日、中国の杭州で行われ、男子100メートル平泳ぎで小関也朱篤(ミキハウス)が56秒13の短水路日本新記録で銅メダルを獲得した。 女子200メートルバタフライは長谷川涼香...[記事全文

カテゴリー:国際大会

卓球、伊藤が世界選手権MVP

 【仁川共同】国際卓球連盟(ITTF)の年間表彰式が12日、韓国の仁川で行われ、18歳の伊藤美誠(スターツ)が世界選手権団体戦の女子の最優秀選手(MVP)に選ばれた。候補になっていた年間最優秀選手の初受賞はならず、同じく男子の張本智和(エリートアカデミー...[記事全文

カテゴリー:国際大会

競泳、瀬戸が短水路世界新で優勝

 【杭州共同】25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権は11日、中国の杭州で開幕し、男子200メートルバタフライは瀬戸大也が1分48秒24の短水路世界新記録で初優勝した。この種目で3大会連続の表彰台。 男子200メートル個人メドレーの...[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪聖火台、「夢の大橋」設置へ

 2020年東京五輪で2カ所に設ける聖火台の一つを、大会期間中に臨海部のお台場エリアと有明エリアに架かる遊歩道の橋「夢の大橋」付近に設置する方針が固まったことが11日、分かった。スケートボードやバスケットボール3人制、スポーツクライミングなど若者向けの都...[記事全文

カテゴリー:国際大会

北京五輪男子リレー、日本2位に

 日本オリンピック委員会(JOC)は11日、2008年北京五輪陸上男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治の4選手による日本が7日付で銀メダルに繰り上がったと発表した。国際オリンピック委員会(IOC)から通達があ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪ボランティア愛称、1月決定

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、競技会場や選手村などで運営に関わる大会ボランティアの愛称の最終候補として「フィールドキャスト」(キャスト=配役)「ゲームズアンカー」(アンカー=要、支え)「ゲームズフォース」(フォース=力)「シャイ...[記事全文

カテゴリー:国際大会