国内外のスポーツ

国際大会

ツールで別府が2位、畑中は3位

 自転車ロードレースの国際大会ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムは4日、さいたま新都心駅周辺特設コースで行われ、約57キロのメインレースで別府史之(トレック・セガフレード)が2位となった。ツールで30度のステージ優勝を誇るマーク・カベンディッシュ(...[記事全文

カテゴリー:国際大会

20年へ、パラ選手発掘合宿

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて全国の有望選手を発掘する「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト」の最終選考合宿が4日、東京都内で行われ、パラリンピック競技では中学生から30代までの22人が実技と面談に臨んだ。 日本パラリン...[記事全文

カテゴリー:国際大会

開閉会式の会場で初イベント

 【平昌共同】来年2月の平昌冬季五輪で開閉会式の会場となる平昌五輪スタジアムで4日、9月末の完成後初のイベントとして五輪開催を記念するコンサートが開かれた。この日、開放された観客席はほぼ埋まり、韓国の人気歌手らの登場で大きな歓声に包まれた。...[記事全文

カテゴリー:国際大会

平昌五輪のジャンプ台が雪化粧

 【平昌共同】来年2月の冬季五輪の舞台、平昌などがある江原道で3日夜から4日朝にかけて初雪が観測された。韓国の気象庁などによると、ノルディックスキー・ジャンプ会場では3センチの積雪となり、ジャンプ台や周辺の木々がうっすらと白く雪化粧した。 ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

フレデリクス委員を捜査

 【プラハ共同】2016年リオデジャネイロ五輪招致を巡る国際オリンピック委員会(IOC)委員の買収疑惑で、フランス検察当局が元陸上選手のフランク・フレデリクス委員(ナミビア)の捜査に本格的に着手したことが3日、分かった。ロイター通信が関係者の話として報じ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

東京五輪の体重区分提案

 2020年東京五輪の追加種目として実施される空手の組手男女各3階級の体重区分について、世界空手連盟が先の総会で基本方針をまとめ、国際オリンピック委員会(IOC)に提案したことが2日、分かった。関係者によると、男子は75キロ超級、75キロ級、67キロ級、...[記事全文

カテゴリー:国際大会

平昌五輪、最多92カ国参加申請

 【平昌共同】2018年平昌冬季五輪の大会組織委員会は2日、史上最多となる92カ国・地域が参加手続きを完了したと明らかにした。10月末が申請の期限だった。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮は現時点で含まれていない。組織委によると、今後五輪出場枠を獲得した国・...[記事全文

カテゴリー:国際大会

IOC、ロシア2選手を永久追放

 【プラハ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は1日、ロシアの国ぐるみのドーピング問題を受けて2014年ソチ冬季五輪で採取した同国選手の検体を再検査した結果、ノルディックスキー距離男子50キロフリー金メダルのアレクサンドル・レグコフと距離複合などに出場...[記事全文

カテゴリー:国際大会

韓国で聖火リレーがスタート

 【仁川共同】平昌冬季五輪の開幕まで100日となった1日、韓国国内での聖火リレーが仁川でスタートし、最初の走者を務めたフィギュアスケート女子で同国のホープ、13歳の劉永選手は笑顔でトーチを掲げて走った。出発点は高速道路上だったが、道の両脇から多くの観衆が...[記事全文

カテゴリー:国際大会

平昌五輪の公式ウエア発表

 来年の平昌冬季五輪・パラリンピックの開閉会式や表彰式で日本選手団が着用する公式ウエアが、同五輪の開幕まで100日となった1日、東京都内でお披露目された。朝日をイメージした鮮やかな「サンライズレッド」を基調にし、優れた保温性や軽さが特長。発表会に出席した...[記事全文

カテゴリー:国際大会