国内外のスポーツ

国際大会

フェンシング男子、日本が3位

 フェンシング男子フルーレのワールドカップ(W杯)は11日、ドイツのボンで団体が行われ、鈴村健太、西藤俊哉(ともに法大)三宅諒(フェンシングステージ)松山恭助(早大)の日本が3位となった。準決勝で米国に30―45で敗れたが、3位決定戦でフランスを45―3...[記事全文

カテゴリー:国際大会

STスケートW杯、吉永は4位

 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)第2戦最終日は11日、ソルトレークシティーで行われ、男子1000メートル決勝で吉永一貴は4位だった。順位決定戦に回った渡辺啓太は8位。女子1000メートルで菊池悠希は7位、平井亜実は8位だった。...[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪ボラ愛称案、12月上旬公表

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、ボランティアの愛称の候補を絞り込む「ネーミング選考委員会」の会合を開き、ボランティア応募者による投票の対象となる最終候補5案程度を、12月上旬に公表する方針を確認した。投票は同中旬ごろから実施する。...[記事全文

カテゴリー:国際大会

トランポリン、金メダルペア帰国

 トランポリンの世界選手権で非五輪種目の女子シンクロナイズドで金メダルを獲得した森ひかる(金沢学院大ク)宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)組が12日、成田空港に帰国し、森は「世界一になった実感が少しずつ湧いてきた。うれしい」と喜びを語った。[記事全文

カテゴリー:国際大会

空手、団体男女形で日本2連覇

 【マドリード共同】空手の世界選手権最終日は11日、マドリードで団体が行われ、形決勝で日本は喜友名諒、金城新、上村拓也(以上劉衛流龍鳳会)の男子、平紗枝、武儀山舞、石橋咲織(以上帝京大)で臨んだ女子は、ともに地元スペインに5―0で勝ち、そろって2連覇を達...[記事全文

カテゴリー:国際大会

スケートST、渡辺啓太は4位

 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)第2戦第2日は10日、ソルトレークシティーで行われ、男子1500メートル決勝で渡辺啓太(阪南大職)が4位、横山大希(トヨタ自動車)は6位だった。第1戦を制した吉永一貴(中京大)は準決勝で失格とな...[記事全文

カテゴリー:国際大会

世界空手、喜友名3連覇

 【マドリード共同】空手の世界選手権第5日は10日、マドリードで行われ、男子形決勝で喜友名諒(劉衛流龍鳳会)がスペイン選手を5―0で破り、3連覇を達成した。女子組手50キロ級決勝で宮原美穂(帝京大)はトルコ選手に3―1で勝って初優勝した。 ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

トランポリン、森ひかる5位

 【サンクトペテルブルク共同】トランポリンの世界選手権最終日は10日、ロシアのサンクトペテルブルクで行われ、五輪種目の個人決勝で女子の森ひかる(金沢学院大ク)は55・510点で5位、宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)は54・340点で8位だっ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

空手、植草歩は2連覇ならず

 【マドリード共同】空手の世界選手権第5日は10日、マドリードで行われ、組手の女子68キロ超級決勝で植草歩(JAL)はギリシャ選手に敗れ、2連覇はならなかった。 3位決定戦で男子75キロ級の西村拳(チャンプ)はロシア選手に11―1で快勝し、...[記事全文

カテゴリー:国際大会

吉永ら1500メートル準決勝へ

 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)第2戦第1日は9日、ソルトレークシティーで行われ、男子1500メートル準々決勝で第1戦を制した吉永一貴(中京大)と、渡辺啓太(阪南大職)横山大希(トヨタ自動車)が準決勝に進出した。1000メート...[記事全文

カテゴリー:国際大会