国内外のスポーツ

国際大会

北朝鮮五輪参加へ特別支援

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪、22年北京冬季五輪への北朝鮮選手団の参加に向け、22日にスイス・ローザンヌのIOC本部に日本や北朝鮮、韓国、中国のオリンピック委員会関係者を集めて対応などを協議することが6日、分か...[記事全文

カテゴリー:国際大会

ドーピング撲滅が最優先

 【ジュネーブ共同】ロシア・オリンピック委員会(ROC)のポズドニャコフ新会長が5日、スイスのローザンヌにある国際オリンピック委員会(IOC)本部を訪れ「ROCのゴールは選手の人生がドーピングに依存したものにならぬようにすること。ドーピング撲滅が今後数年...[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪開催都市の負担軽減に協力

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は5日、平昌冬季五輪・パラリンピックの運営ノウハウを今後に引き継ぐ北京での会議に出席し「将来の大会組織委員会や開催に関心を示す都市には(IOCの)新たな取り組みの本質が、協力と実現可能性であ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

東京五輪、目標は金メダル30個

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕選手強化本部長は5日、東京都内で開かれた理事会で、2020年東京五輪の金メダル獲得目標を史上最多の30個に設定したと報告した。JOCは金メダル数で世界3位を目指しており、山下氏は「30個を獲得できれば、世界3位...[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪会場で「スポGOMI」大会

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は世界環境デーの5日、ごみ拾いにスポーツの要素を加えた「スポGOMI」を大会会場エリアとなる東京都江東区有明で開催し、職員やスポンサー企業の社員、学生ら約200人がチーム単位で競いながら、1時間で瓶や缶、たば...[記事全文

カテゴリー:国際大会

FIFA、W杯最終登録選手公表

 【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は4日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する全32チームの最終登録選手リスト(各23人)を公表し、全736選手が出そろった。2連覇を狙うドイツは9人が前回優勝メンバーで、開催国のロシアは16人が初出場と...[記事全文

カテゴリー:国際大会

W杯、4―5―1で実戦練習

 【ゼーフェルト(オーストリア)共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会を控える日本代表は4日、オーストリアのゼーフェルトで練習し、体力強化に励んだ午前に続き、午後は4―5―1の布陣での連係など実戦メニューに時間を割いた。 時折強い...[記事全文

カテゴリー:国際大会

東京五輪「金」30個目標

 日本オリンピック委員会(JOC)が2020年東京五輪の金メダル獲得目標を史上最多の30個に設定する方針であることが4日、複数の関係者の話で分かった。JOCは13年に東京五輪での金メダル数世界3位の目標を掲げ、達成に必要な数を20~33個と算出していた。...[記事全文

カテゴリー:国際大会

ロドリゲスら23人を発表

 【ロンドン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の初戦で日本と対戦するコロンビアの代表23人が4日に発表され、司令塔のロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)や前回大会をけがで欠場したファルカオ(モナコ)らが選ばれた。...[記事全文

カテゴリー:国際大会

テニスのセリーナ、胸筋痛め棄権

 【パリ共同】テニスの女子元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)は4日、胸筋を痛めたため、全仏オープンのマリア・シャラポワ(ロシア)とのシングルス4回戦を棄権すると発表した。試合直前に記者会見し、「サーブが打てず、プレーできない。こんな痛み...[記事全文

カテゴリー:国際大会