国内外のスポーツ

国際大会

吉田、吉岡組が首位守る

 セーリング470級は第5レースを終え、女子は世界選手権優勝の吉田愛、吉岡美帆(ベネッセ)組が首位を守った。男子の磯崎哲也(エス・ビー・ネットワーク)高柳彬(日本経大)組もトップに浮上。 男子49er級は第5レースを終え、古谷信玄、八山慎司...[記事全文

カテゴリー:国際大会

男子6人の日本は4位

 ボウリング男子6人チーム戦で日本は8131点の4位だった。韓国が8540点で金メダルに輝いた。(共同)[記事全文

カテゴリー:国際大会

日本男子は準々決勝進出

 バスケットボール男子の1次リーグC組で2勝1敗の日本は、同組2位が確定し、準々決勝進出が決まった。台湾がカタールを破って3連勝で1位、カタールが1勝2敗で3位となった。日本は27日に4強入りをかけ、イランと対戦する。(共同)[記事全文

カテゴリー:国際大会

日本女子が準決勝進出

 ホッケー女子1次リーグのA組で、前回4位の日本は前回銀メダルの中国を4―2で破った。開幕3連勝で勝ち点9とし、1試合を残して同組2位以内を確定させて準決勝進出を決めた。清水(ソニー)が第1クオーターに2ゴールを奪って先手を取り、逃げ切った。(共同)[記事全文

カテゴリー:国際大会

男子100メートル山県ら準決勝

 陸上は男子100メートル準決勝に山県亮太(セイコー)とケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が登場し、中国勢など強敵と争う。女子マラソンには野上恵子(十八銀行)らが出場。 スポーツクライミングは複合決勝で、男子予選トップの楢崎智亜(TEAM au)が...[記事全文

カテゴリー:国際大会

桃田と園田、嘉村組が敗退

 バドミントン男子はシングルス3回戦で世界選手権優勝の桃田賢斗(NTT東日本)がインドネシア選手に0―2で敗れ、ダブルス2回戦では世界選手権銀メダルの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)がマレーシアのペアに0―2で屈した。井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス...[記事全文

カテゴリー:国際大会

石井は7位

 重量挙げ女子69キロ級で石井未来(東京国際大)はスナッチ85キロ、ジャーク115キロのトータル200キロで7位だった。リム・ウンシム(北朝鮮)がトータル246キロで勝った。 男子94キロ級でリオデジャネイロ五輪王者のソウラブ・モラディ(イ...[記事全文

カテゴリー:国際大会

男子日本は白星発進

 水球は男子1次リーグが始まり、B組の日本は中国に12―4で快勝した。足立(Kingfisher74)がチーム最多3得点の活躍だった。1次リーグは9チームが2組に分かれて総当たりで争い、日本は5チームによるB組で4位までに入れば準々決勝に進む。(共同)[記事全文

カテゴリー:国際大会

日本、北朝鮮破り4強

 サッカー女子の準々決勝で日本は前回大会優勝の北朝鮮を2―1で破った。8大会連続で4強入りし、28日の準決勝では韓国とぶつかる。日本は前半に岩渕(INAC神戸)が先制し、後半に長谷川(日テレ)が加点。その後PKで1点を返されたが、逃げ切った。[記事全文

カテゴリー:国際大会

中島が首位をキープ

 ゴルフの第3ラウンドで男子(7094ヤード、パー72)は中島啓太が70と伸ばして通算10アンダー、206で首位を維持。今野大喜が69で回り6アンダーの4位、金谷拓実は3アンダーの10位、米沢蓮は1アンダーの17位となった。3人の合計で争う団体は22アン...[記事全文

カテゴリー:国際大会