国内外のスポーツ

国際大会

フィギュア村元組、11位

 【ミラノ共同】フィギュアスケートの世界選手権最終日は24日、ミラノでアイスダンスのフリーが行われ、村元哉中、クリス・リード組が自己ベストの合計164・38点で日本勢過去最高の11位に入った。平昌冬季五輪は過去最高に並ぶ15位だった。 日本...[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪野球とソフト、予選方式発表

 【ロンドン共同】世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は24日、パリで理事会を開き、2020年東京五輪で各6チームが出場する野球とソフトボールの予選方式を発表した。日本は野球、ソフトボールともに開催国枠で出場する。 野球は19年11月の国際...[記事全文

カテゴリー:国際大会

富士急敗れ、プレーオフ逃す

 【ノースベイ(カナダ)共同】カーリング女子の世界選手権は23日、カナダのノースベイで1次リーグが行われ、富士急の日本は強豪カナダに5―8で敗れた。通算4勝7敗となり、1試合を残して上位6チームによるプレーオフ進出の可能性が消滅した。カナダは開幕11連勝...[記事全文

カテゴリー:国際大会

村元組はショートダンス10位

 【ミラノ共同】フィギュアスケートの世界選手権第3日は23日、ミラノでアイスダンスのショートダンス(SD)が行われ、平昌冬季五輪で日本勢過去最高に並ぶ15位だった村元哉中、クリス・リード組(木下グループ)は自己ベストの65・65点で10位となり、上位20...[記事全文

カテゴリー:国際大会

宇野昌磨、フリーは4回転4度か

 【ミラノ共同】フィギュアスケートの世界選手権で男子ショートプログラム(SP)5位と出遅れた宇野昌磨(トヨタ自動車)が23日、ミラノの練習会場で24日のフリーに向けて精力的に調整し、右足甲を痛めた状態ながらループ、フリップ、2度のトーループと計4度の4回...[記事全文

カテゴリー:国際大会

26年五輪、グラーツ開催を支援

 【ジュネーブ共同】オーストリア・オリンピック委員会は22日、2026年冬季五輪招致で、同国南部のグラーツを支援すると発表した。26年五輪は札幌市も開催を目指している。オーストリアではインスブルックが昨秋の住民投票で招致を否決されて撤退した。[記事全文

カテゴリー:国際大会

パラの村岡「4年後向け頑張る」

 平昌冬季パラリンピックで、冬季大会では日本選手最多の5個のメダルを獲得したアルペンスキー女子の村岡桃佳選手(21)の大会報告会が23日、出身地の埼玉県深谷市で開かれた。村岡選手は駆け付けた約4千人の市民を前に「また4年後に向けて頑張りたい」と意気込みを...[記事全文

カテゴリー:国際大会

五輪開催年の3日間休日、特例で

 東京都の小池百合子知事は23日の記者会見で、2020年東京五輪の混雑緩和策として開会式がある7月24日と前日の23日、閉会式翌日の8月10日の3日間を休日にする構想について「20年の特例として認めていただければいいのでは。国への呼び掛けも必要に応じて行...[記事全文

カテゴリー:国際大会

新田選手が平昌パラ報告会

 平昌冬季パラリンピックのノルディックスキー距離で金銀のメダル2個を獲得した新田佳浩選手が23日、所属する日立ソリューションズの報告会に出席し「覚悟を口にし、必ずできると信じることで夢がかなうということを、大会を通じて経験させてもらった」と納得の表情で振...[記事全文

カテゴリー:国際大会

ボランティアに中高生枠

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、同年4月1日時点で18歳以上であることなどを条件に募集する大会ボランティアとは別に、新たに「中高生枠」を設ける方針であることが22日、分かった。次代を担う若年層がボランティア活動を体験することは教育的価値...[記事全文

カテゴリー:国際大会