東南アの民主主義「後退」と警鐘

平和賞のフィリピン女性記者

2021/10/14 19:23

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 【マニラ共同】今年のノーベル平和賞受賞が決まったフィリピンの女性ジャーナリスト、マリア・レッサ氏(58)は14日、共同通信のオンライン取材に応じた。国軍によるクーデターが起きたミャンマーなどを挙げ「 …