宮内庁の鴨場で鳥インフル

千葉・市川、330羽を殺処分

2021/12/05 11:27

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 千葉県は5日、同県市川市の宮内庁新浜鴨場で、高病原性の疑いのある鳥インフルエンザが確認されたと発表。飼育しているアイガモとアヒル計約330羽を殺処分した。県によると、今季の農場や施設での確認は関東で …