災厄封じる「鬼面札」作りピーク

熊野那智大社で節分準備、和歌山

2022/01/14 20:37

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社で2月の節分を前に、厄よけの「鬼面札」作りがピークを迎えている。赤鬼と青鬼を円形のしめ縄の中に封じ込めた絵柄の版画で、約2千枚刷る。 神職が那 …