着床前検査は流産率低下に有用

産科婦人科学会、9000人調査

2022/08/07 16:00

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 日本産科婦人科学会は7日、体外受精した受精卵の染色体を調べて子宮に移植する「着床前検査」により流産を繰り返していた女性が流産する割合が下がったとする、約9千人分の大規模臨床研究の集計結果を公表した。 …