大広からの提供資金、覚書に基づき支払い

2022/09/29 20:10

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 東京五輪汚職事件で、広告会社「大広」が、大会組織委員会元理事高橋治之容疑者の後輩が代表を務める会社に提供した資金は、「覚書」に基づいて支払われていたことが29日、関係者への取材で分かった。