地元自治体の費用負担「参考に」

赤字路線維持にJR東社長

2022/10/01 17:36

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 豪雨で被災したJR只見線が1日、地元自治体が費用を負担する「上下分離方式」で再開したのを受け、JR東日本の深沢祐二社長は同日、他の赤字路線について「これから地元の皆さまとも話をするが、一つの形として …